三宝院(さんぼういん)


三宝院(さんぼういん)の説明

醍醐寺の塔頭寺院。
本尊は弥勒菩薩。
修験道当山派の法頭。

永久三年(1115年)醍醐寺第十四世座主勝覚(しょうがく)の創建。
三宝院は醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主の住房である。

現在の三宝院は、その建造物の大半が桃山時代に創建されたもので重要文化財に指定。
なかでも表書院は、寝殿造の様式を伝える桃山時代を代表する建造物であり国宝。
同じく国宝の唐門は三宝院の勅使門であり、創建時は門全体が黒の漆塗りであり、
門扉に彫られた菊と桐の四つの大きな紋には金箔が施されていた。

奥宸殿(重要文化財)にある違い棚は「醍醐棚」と呼ばれ、
修学院離宮の「霞棚」、桂離宮の「桂棚」とともに「天下の三大名棚」として知られている。

本殿(重要文化財)は、三宝院内の別の場所にあった護摩堂を移築したものであり、護摩堂とも呼ばれる。
本尊の弥勒菩薩坐像(重要文化財)は鎌倉時代の名仏師である快慶の代表作の一つとして広く知られている。

国の特別史跡および特別名勝に指定されている三宝院庭園は、
慶長三年(1598年)豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して、
自ら基本設計をした庭であり、桃山時代の華やかな雰囲気を伝えている。
庭の中心に据えられている「藤戸石」は天下を治めた武将が次々と所持したことで知られる。

(「世界文化遺産 醍醐 三宝院 Sanboin Temple しおり」および
 「増補版 京都・観光文化検定試験 公式テキストブック」より参照)

三宝院の特徴・見所

三宝院の見所は三宝院庭園、憲深林苑、そして春の桜です。
残念ながら三宝院庭園は写真撮影禁止ですが、優雅で力強い日本庭園です。
池泉式の庭園であり、池の前方には波模様の砂が敷かれ、砂の上や池の周りに岩が配されています。
池の奥には松やもみじが植えられています。

憲深林苑はのどかな雰囲気の芝の庭園であり、春は桜が美しいです。

三宝院には太閤しだれ桜と名付けられた大きな桜があり、春はたくさんの人で賑わいます。

三宝院の桜

醍醐寺および三宝院は京都の桜の名所です。
三宝院には「太閤しだれ桜」と名のついた大きなしだれ桜があります。
空を覆うような見事な桜であり、天気の良い日には青空に映える桜の天井が見られます。

ただし、春の桜の時期はかなり混みます。

醍醐寺の塔頭寺院

三宝院は醍醐寺の塔頭寺院です。
醍醐寺の説明・見所・アクセスなど

醍醐寺 霊宝館

醍醐寺の寺宝の保存と公開を兼ねた施設として霊宝館(れいほうかん)があります。
醍醐寺 霊宝館の説明・見所・アクセスなど

世界遺産

京都には世界遺産が醍醐寺を含めて17ヶ所あります。

三宝院はこんな方におすすめ

  • 優雅な日本庭園を見たい方
  • 池泉式庭園が好きな方
  • 太閤しだれ桜を見たい方(春)
  • 京都の名桜、大きな桜を見たい方(春)
  • 醍醐寺へやって来た方

三宝院へのアクセス・拝観時間

住所:〒601-1325 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

※その他のアクセス方法もあります。上記は一般的なアクセス方法です。 
 時間はおおよその目安です。

拝観時間 ⇒ 9:00~17:00
拝観料  ⇒ 600円(大人一般)(※醍醐寺(伽藍)・三宝院・霊宝館の3枚つづり共通券 ⇒ 1500円)

三宝院(醍醐寺)付近の観光名所

  • 随心院(1.1km ⇒ 徒歩14分)
  • 勧修寺(1.9km ⇒ 徒歩23分)
  • 大石神社(3.7km ⇒ 徒歩47分)
  • 法界寺(2.2km ⇒ 徒歩27分)

※随心院、勧修寺以外の名所はどこも距離がある為、電車やバス、タクシーの移動が良いと思います。
※距離、時間はおおよその目安です。「約~」などは見にくくなる為省いています。

三宝院を検索

(※まだまだ作成、編集中です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です