琥珀流し 10月 栗と小豆 栖園の和風の甘みと旨み

琥珀流し 10月 栗と小豆 栖園の和風の甘みと旨み

京都市中京区六角通高倉東入る南側堀之上町にある甘味処「栖園(せいえん)」さんです。

2016年10月6日訪問、撮影です。
今日はお店の前にずっと人がいたので外観の写真はありません。

広告



窓際の席も取れなかったので、当初中庭の写真も撮れませんでした。
しかし、途中で窓際の席に座ってたお客さんが帰ったので渾身の一枚です。

栖園さんの綺麗な店内と風情ある中庭です。
栖園の綺麗な店内と風情ある中庭で

メニューです。少しブレました。
秋っぽい色合いの栖園のメニュー

秋冬のメニューに変わっています。
栖園の秋冬のメニュー

「琥珀流し」(税込660円)をいただきました。

琥珀流しは栖園(せいえん)さん特製の寒天(寒天ゼリー)です。

毎月味が変わります。

10月は栗と小豆味です。

しばらくすると登場です。
10月の栗と小豆味の琥珀流し(税込660円)

まずは見た目が綺麗です。
栗と小豆が輝いています。栗の黄色が良いアクセントになっています。
栗と小豆が輝く見た目も綺麗な10月の琥珀流し

今月は和風の味わいです。
さっぱりした甘みと栗と小豆の深い旨味が絶妙です。
和風の味わいの栗と小豆の琥珀流し

この栗がとても美味しいです!
食感はコリッとしていて旨味が詰まっています。
旨味が詰まっているとても美味しい栗

小豆です。コクと深みがあります。当然こちらも美味しいです。
コクと深みがある美味しい小豆

そして滑らかな舌触りの柔らかいプルプルの寒天です。
滑らかな舌触りの柔らかいプルプルの寒天

深い味わいとほのかな甘みが口の中に広がります。
ほのかな甘みと深い味わいが口の中に広がる栖園の琥珀流し

今月も味も見た目も美味しくいただけました。
味も見た目も美味しい栗と小豆の琥珀流し

来月もまた来ます。
昨年(2015年)、琥珀流しは1月~12月の完全制覇をしましたが、
今年(2016年)も完全制覇が見えてきました。後2ヶ月です。
高画質 写真 琥珀流し 10月


1年12ヶ月の全琥珀流し完全制覇!コンプリート!


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です