琥珀流し 1月 白味噌 栖園のほのかな風味

琥珀流し 1月 白味噌 栖園のほのかな風味

京都市中京区六角通高倉東入る南側堀之上町にある甘味処「栖園(せいえん)」さんです。
京都市中京区六角通にある甘味処「栖園(せいえん)」

栖園さんの琥珀流しは昨年2015年に1月から12月まで完全制覇したつもりでした。

確か1月はキャラメル味だったなぁ~、と思いながら余裕綽々でお店の前を通りました。

すると、何と店頭のサンプルが去年と違い、白い琥珀流しになっているではありませんかっ!

何と栖園(せいえん)さん、味を変えてきました!

油断をしていました。危うく新しい味を逃すところでした。

2016年1月21日訪問、撮影です。
高画質 写真 栖園 甘味処

広告



店内です。今日は販売のところも撮らせてもらいました。美味しそうで綺麗な和菓子が並んでいます。
大極殿栖園の店内と和菓子

喫茶の方です。落ち着いた雰囲気です。
栖園の落ち着いた雰囲気の喫茶

中庭です。金魚もだいぶ大きくなった気がします。
栖園の中庭と金魚

栖園のメニューです。字が綺麗です。
字が綺麗な栖園のメニュー

冬のメニューです。あったかい系の食べ物も多いです。
栖園のあったかい冬のメニュー

冬限定の相生ぜんざいというのもあるようです。
栖園の冬限定の特製相生ぜんざいのメニュー

店員さんがやってきて「琥珀流し」(税込660円)を注文です。

1月は白味噌味です。

琥珀流しは栖園(せいえん)さん特製の寒天です。

しばらくすると登場です。
1月の白味噌味の琥珀流し(税込660円)

まずは見た目が美しく芸術的です。
白に映える赤い何かが乗ってます。何かはよく分りませんでしたが・・・。
見た目が美しく芸術的な栖園(せいえん)の琥珀流し

さっぱりした風味の白味噌味です。しつこさは全くありません。
さっぱりした風味の白味噌味の琥珀流し

他の月と比べて何となく食感はこってりしている感じがします。
食感はこってりしている感じの白味噌の琥珀流し

甘すぎることもなく程よい甘さです。ほのかな甘さと風味が漂います。
ほのかな甘さと風味が漂う1月の琥珀流し

プルプルの寒天です。見た目も食感も美しいです。
見た目も食感も美しいプルプルの寒天の琥珀流し

今月も間違いなく美味しいです。
毎回良くいろいろ思いつくなぁと思います。それでいて失敗がない。感心します。
間違いなく美味しい栖園の琥珀流し

見た目もおなかも大満足です。
また来たいです。というか、来月も来ます。
高画質写真 琥珀流し 1月 白味噌


1年12ヶ月の全琥珀流し完全制覇!コンプリート!


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です