琥珀流し 8月 冷やし飴 栖園の独特の風味

琥珀流し 8月 冷やし飴 栖園の独特の風味

京都市中京区六角通高倉東入る南側堀之上町にある甘味処「栖園(せいえん)」さんです。

2016年8月4日訪問、撮影です。

外観は立派な京町家です。
赤いアサガオの暖簾がかかっています。暖簾は何種類もあって変えているようです。
暖簾が変わる立派な京町家の外観の栖園(せいえん)

この日は11時ころに行きましたが、混んでいて待ってるお客さんもいました。
普段はこの時間は空いていますが、夏休みのためでしょうか、この日は混んでいました。

お店の中では待たずにぶらぶら付近を歩いて、11時半ころに戻ってくると少し空いていました。
待つことなく、しかも運よく窓際の席を取れました。

飛び石の配された緑のある古風な中庭です。
飛び石の配された緑のある古風な栖園の中庭

広告



栖園さんのメニューです。
栖園さんのメニュー

「琥珀流し」(税込660円)をいただきました。

琥珀流しは栖園(せいえん)さん特製の寒天(寒天ゼリー)です。

毎月味が変わります。

8月は冷やし飴味です。

しばらくすると登場です。
8月の冷やし飴味の琥珀流し(税込660円)

中庭を背景にした琥珀流しです。何とも良い雰囲気です。
良い雰囲気の栖園の琥珀流しと中庭

さっぱりした甘さです。
「冷やし飴」と聞かなければ正直何の味かは分かりません。ほのかな味わい、風味です。
さっぱりした甘さの冷やし飴の琥珀流し

滑らかでプルプルの寒天です。
滑らかでプルプルの寒天

今月は派手さはありませんが、落ち着いた色合いです。
淡い色合いのシロップに透明の寒天、それに生姜がかけられています。
淡い色合いのシロップと透明の寒天に生姜がかけられた琥珀流し

ほのかな味わいですが、結構生姜のアクセントがあり独特の風味に仕上がっています。
生姜のアクセントがあり独特の風味に仕上がった8月の琥珀流し

さっぱりした甘さの中にも深い味わいがあります。今月も美味しくいただけました。
さっぱりした甘さの中にも深い味わいがある冷やし飴の琥珀流し

来月もまた来ます。
高画質 写真 琥珀流し 8月


1年12ヶ月の全琥珀流し完全制覇!コンプリート!


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です