琥珀流し 柿味 栖園(せいえん) 京都の人気の甘味処


琥珀流し 柿味 栖園(せいえん) 京都の人気の甘味処

京都市中京区六角通高倉東入る南側堀之上町にある甘味処「栖園(せいえん)」さんです。
京都の人気の甘味処の大極殿栖園(せいえん)

2016年11月3日訪問、撮影です。

今日は暖簾が華やかでした。
栖園 京都 せいえん 話題 甘味処 美味しい

広告



中庭です。今日は窓際の席がとれました。
京都の人気の甘味処の栖園の中庭

10時開店の京都の甘味処やスイーツ店は、午前11時ころが人が少なく空いていることが多いです。
開店の直後は待っているお客さんが結構いる場合があります。
そのお店目的で京都に来ている方は、開店前から並んでいることが多いです。

他の目的で京都に遊びに来た人が、お昼を食べるお店を探し出すのが12時ころです。
その為、最初の開店直後のお客さんがいなくなった11時ころが狙い目です。

毎日物凄い行列ができるお店(アウームや抹茶館など)はそう上手くいきませんが、
栖園さんは11時ころが空いています。

11時になんか行かないよ、って思う方がいらっしゃればまさにその通りです。
だから空いているんです。

メニューです。
メニュー 栖園 京都 甘味処 美味しい 話題

京都の人気の甘味処の栖園(せいえん)のメニュー

「琥珀流し」(税込660円)をいただきました。

琥珀流しは栖園(せいえん)さん特製の寒天です。

毎月味が変わります。

11月は柿味です。

しばらくすると登場です。
京都大極殿栖園の11月の柿味の琥珀流し(税込660円)

やはり見た目が美しい。せっかくなので中庭も入れてみました。
琥珀流し 11月 柿 栖園 京都 甘味処

11月の柿味は、7月のペパーミント味、9月のぶどう味などと並び、綺麗な琥珀流しの上位に来ます。
琥珀流し 柿 11月 栖園 甘味処 京都

鮮やかなオレンジと透きとおる寒天と蜜です。
高画質 琥珀流し 写真 栖園 京都 甘味処

上にゴロンとした柿の果実が乗っています。
11月の柿味は、他の月の琥珀流しよりやや甘めです。蜜も少しトロッとしています。
今月に限ったことではありませんが、かなり美味しいです。
Kohakunagashi Seien Kyoto sweets

プルプルの寒天です。
寒天ゼリー 琥珀流し 京都 栖園 美味しい

熟した柿の果実がいっぱい入っています。
これが凄い味と食感です。
ジュクジュクに熟して形が崩れそうな柿の実の真ん中にあるアレです。
柿 琥珀流し 栖園 京都 人気 甘味処

柿が好きな方には是非ともお勧めの琥珀流しです。
琥珀流し 高画質 写真 栖園 京都 大極殿

今月も楽しく美味しくいただけました。
11月の柿味の京都栖園の琥珀流し

来月の12月で今年も琥珀流しはコンプリートです。
2年連続の制覇となります。
紅葉があるため、来月は中旬以降の訪問になるかも知れません。
栖園 琥珀流し 11月 柿味 京都 人気


関連記事(琥珀流し 11月):2015年11月の柿味の琥珀流し


『大極殿 栖園』を Google 検索


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です