琥珀流し 3月 甘酒 栖園の絶妙な和風の風味

琥珀流し 3月 甘酒 栖園の絶妙な和風の風味

京都市中京区六角通高倉東入る南側堀之上町にある甘味処「栖園(せいえん)」さんです。
今日も立派な暖簾がかかっています。暖簾は何種類もあるようです。
立派な暖簾のかかる甘味処の大極殿 栖園(せいえん)

2016年3月6日訪問、撮影です。

すっきりした綺麗な店内です。
すっきりした綺麗な店内の栖園

広告



緑や飛び石の配された中庭です。金魚も元気そうです。
栖園の緑や飛び石の配された中庭

栖園さんの上品なメニューです。
栖園の上品なメニュー

メニューは季節によって変わります。
季節によって変わる栖園のメニュー

「琥珀流し」(税込660円)をいただきました。

3月は甘酒味です。

琥珀流しは栖園(せいえん)さん特製の寒天です。
毎月味が変わります。以前は4月~12月までの販売でしたが、今は1月~12月まであります。

しばらくすると登場です。
3月の甘酒味の琥珀流し(税込660円)

いつものことならが見た目が綺麗で品があります。
見た目が綺麗で品がある琥珀流し

甘酒は濃い味ではなく、ほのかな風味と甘みです。
子供さんでももちろん食べられます。甘酒と言われないと分からないくらいです。
ほのかな風味と甘みの甘酒の琥珀流し

プルプルの寒天です。
上には橘のゼリーとお米、生姜が乗っています。
橘のゼリーとお米と生姜がのった3月の琥珀流し

いつも不思議な組み合わせですが、寒天と絶妙に合います。
食べる前は正直大丈夫か?と思いましたが、不要な心配でした。
寒天と絶妙に合う不思議な組み合わせの甘酒の琥珀流し

和風な味付けです。生姜も結構きいておりアクセントがあります。今月も美味しいです。
生姜のきいた和風な味付けの甘酒の琥珀流し

来月もまた来たいと思います。
高画質 写真 琥珀流し 3月


1年12ヶ月の全琥珀流し完全制覇!コンプリート!


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です