琥珀流し 4月 桜蜜 栖園のほのかな甘みと花びら


琥珀流し 4月 桜蜜 栖園のほのかな甘みと花びら

京都市中京区六角通高倉東入る南側堀之上町にある甘味処「栖園(せいえん)」さんです。
中京区六角通高倉東入る南側堀之上町にある甘味処の栖園

広告



2016年4月21日訪問、撮影です。
食べログなどのネットや雑誌などのメディアなどでも話題の栖園さんです。
4月前半は桜で忙しかったので、今月は来るのが少し遅れました。
食べログなどのネットや雑誌などのメディアなどでも話題の栖園

中庭です。

今日は雑誌か何かの撮影をしていました。さすがは栖園さんです。
女の人が三脚を立てて琥珀流しの写真を撮ってました。
右下に小さくその琥珀流しが写ってます。
中庭をバックにしての琥珀流しです。いいなぁ~。

「自分も撮らせて」と言いました。嘘です。
さすがにそんなことは言いません。

店員さんが心配そうに何度か見に来ていました。
栖園さんは接客も良く、いつも良くしてもらってます。
接客も良い栖園の中庭

綺麗な字で書かれたメニューです。
栖園さんの綺麗なメニュー

冬のメニューが終了しています。
撮影が気になったわけではありませんが、何かブレてしまいました。
雑誌の撮影なども来る栖園さんのメニュー

「琥珀流し」(税込660円)をいただきました。

4月は桜蜜味です。

やはり京都の四月は桜なのでしょう。
今年の桜は見納めにしたはずでしたが、ここが今年最後の桜となりました。

琥珀流しは栖園(せいえん)さん特製の寒天です。毎月味が変わります。

しばらくすると登場です。
4月の桜蜜の琥珀流し(税込660円)

今日も芸術的な美しさです。
芸術的な美しさの桜の琥珀流し

ほんのりとした甘さです。
桜の味と言うのは良く分かりませんが、甘すぎず美味しいです。何となく優しい甘さです。
ほんのりとした甘さの桜蜜の琥珀流し

シロップに少し果物系の味がついていますが、何なのか結局分からずです。
それにしても見た目も味も美味しいです。
高画質 写真 琥珀流し 桜蜜

プルプルの寒天です。口の中ではとろけるようです。
口の中ではとろけるようなプルプルの寒天

桜の花びらが入っています。結構しっかりした花びらで食感もあります。
少し酸味がきいているようにも感じます。これがまた絶妙な風味と組み合わせです。
しっかりした食感の桜の花びらの入った桜蜜の琥珀流し

最初は分かりませんでしたが、底に小豆が入っています。
コクのあるしっかりした小豆で美味しいです。
美味しい小豆が隠れている4月の桜蜜の琥珀流し

今日も美味しくいただけました。
高画質 写真 琥珀流し 4月


1年12ヶ月の全琥珀流し完全制覇!コンプリート!



広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です