北野天満宮(きたのてんまんぐう)(北野神社)


北野天満宮(きたのてんまんぐう)の説明

祭神は菅原道真(すがわらみちざね)、中将殿(道真長男)、吉祥女(道真夫人)。
菅原道真の怨霊を鎮めるために建てられ、全国各地の天満宮・天神社の多くは当宮より勧請された。

天暦元年(947年)に多治比文子(たじひのあやこ)に道真のお告げがあり、北野に道真を祀ったとされる。
また、近江の比良宮の神良種の息子へのお告げによって現在地に社殿を造営したとも伝えられる。

永延元年(987年)に初めて北野祭を行い、「北野天神」の勅号を賜った。

古くは学問・文芸の神とされ、社前には文人墨客が集い、室町時代には連歌の中心地となった。
有名な北野大茶湯は天正十五年(1587年)に豊臣秀吉によって催され、
慶長八年(1603年)には出雲の阿国が社前で初めて歌舞伎を興行し、歌舞伎発祥の地ともされる。

創祀は平安時代にさかのぼるが、現在の社殿は慶長十二年(1607年)に豊臣秀頼が片桐且元を奉行に再興した。

国宝の本殿と石の間、拝殿と楽の間は八ツ棟造(権現造)の代表例である。
また、重要文化財の中門は太陽、月、星の彫刻から、別名「三光門(さんこうもん)」とも称される。
さらに国宝の「北野天神縁起」絵巻は、道真の生涯と、道真死後の様々な災いが道真の怨霊の仕業と信じられ、
天神信仰が生まれるまでの様子が描かれたものである。
類本の多い天神縁起の中でもひときわ優れたものとして有名である。

(「増補版 京都・観光文化検定試験 公式テキストブック」より参照)

北野天満宮の特徴・見所

北野天満宮は言わずと知れた学問の神様です。
学業上達、受験合格祈願の方がたくさん訪れます。
他にも厄除けや縁結び、健康、病気平癒、交通安全などのご利益もあります。

建造物も見ごたえがあり、中でも本殿は八棟造と極彩色の装飾で有名です。
他にも楼門や三光門、宝物殿なども見所です。

北野天満宮には梅苑、もみじ苑などもあり、四季に応じた花や自然が楽しめます。

ただし、京都の人気観光名所なのでいつもで混んでいます。

北野天満宮の梅

北野天満宮は京都屈指の梅の名所です。
北野天満宮と言えば梅、京都の梅と言えば北野天満宮と言うくらいです。

梅は楼門や三光門前、社殿(本殿)や宝物殿付近、そして梅苑など境内のいたるところで楽しめます。
社殿や三光門などの建造物と梅の組み合わせの素晴らしい光景が見られます。

しかし、以前は梅苑に入らなくても境内の多くの場所で梅が見られましたが、
2015年ころから社殿や三光門付近に幕がはられ、無料で見える場所がだいぶ減りました。
それどころか、幕をはってしまった為、お金を出しても
三光門と梅の絵になる光景などが見られなくなってしまいました。
大人の事情だとは思いますが、あの幕は止めてほしいです。

今でも社殿などの建造物と梅の美しい景色は多くの場所で見られますし、
梅苑では色とりどりのたくさんの梅が楽しめますが、やはり以前に戻して欲しいです。

北野天満宮の紅葉

北野天満宮は紅葉の名所です。
広大なもみじ苑があり、そこで鮮やかな紅葉、色とりどりの紅葉が見られます。
もみじ苑には鶯橋(うぐいすばし)という橋があり、その付近が一番のスポットとなっています。
他には竹林と紅葉のコラボなども見られる場所もあります。

また、北野天満宮では例年ライトアップも行われ、幻想的な夜の紅葉も楽しめます。

北野天満宮の紅葉は京都の中ではだいぶ遅い時期に見ごろをむかえます。
例年、11月末から12月初めくらいが紅葉の見頃です。
他の京都の名所が終わってからでも紅葉狩りを楽しめる場所です。

北野天満宮の大絵馬

北野天満宮では例年、お正月に楼門で大絵馬を飾ります。

北野天満宮はこんな方におすすめ

  • 受験生
  • 学業上達祈願の方
  • 神牛像を撫でたい方
  • 修学旅行生
  • 梅が好きな方、見たい方(春)
  • 八棟造の社殿を見たい方
  • 煌びやかな門を見たい方
  • 厄除け、厄払いしたい方
  • 京都の観光名所へ行きたい方

北野天満宮へのアクセス・拝観時間

住所:〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町

※その他のアクセス方法もあります。上記は一般的なアクセス方法です。 
 時間はおおよその目安です。

拝観時間(楼門内) ⇒ 5:00~18:00(※冬季 ⇒ 5:30~17:30)
(※もみじ苑・梅苑公開や夜間拝観の場合などは別)
拝観料 ⇒ 境内自由(※もみじ苑・梅苑などは別途拝観料要)

北野天満宮付近の観光名所

※距離、時間はおおよその目安です。「約~」などは見にくくなる為省いています。

北野天満宮の公式ホームページ

(※まだまだ作成、編集中です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です