蓮光寺(れんこうじ)

蓮光寺(れんこうじ)の説明

浄土宗。知恩院を本山とする。
山号は負別山(おいわけざん)。
承安五年(1175年)に開宗。
本尊は阿弥陀如来。

本尊の「負別如来(おいわけにょらい)」と呼ばれる阿弥陀如来や、
地蔵堂に安置される「駒止地蔵(こまどめじぞう)」と呼ばれる地蔵で有名である。

本堂に祀られる本尊は、鎌倉時代を代表する仏師・快慶(かいけい)の作と伝えられる。
その昔、快慶が東国の僧の求めに応じて阿弥陀如来を作った際、
あまりの尊い出来映えに自ら護持したいという気持ちを止められず、僧の後を追いかけた。
山科の辺りで僧に追いつき懇願すると、僧も大いに感銘し箱を開いたところ、
仏像が二体に分かれていたという。

二人は感涙し、それぞれ一体を背負って東西に別れたと伝えられる。
蓮光寺の本尊はその一体であるといわれ、
「負別山(おいわけざん)」という山号もこれにちなんだものである。
僧が持ち帰ったもう一体の仏像は「笈分如来」と称され、
仙台市泉区にある阿弥陀堂に安置されている。

駒止地蔵は攻防大師(空海)の作といわれ、
もとは六条河原町の処刑場に祭られていたと伝えられる。

鴨川の氾濫で埋もれていたが、平清盛が乗る駒(馬)が
六条河原町に差し掛かったとき、急に馬が動かなくなり、
その場所を掘ってみると、この地蔵が出てきたとされる。
そこからこの名がついたとされる。

境内には、関ヶ原の合戦や大坂夏の陣で活躍した
武将・長曽我部盛親(ちょうそかべもりちか)の墓がある。

(「京都市立て札(駒札)」より参照)

蓮光寺の特徴・見所

蓮光寺は境内は広くはありませんが、庭園は良く手入れされています。
春先の河津桜をはじめ、椿などの木々、花々や緑も綺麗です。

負別如来や駒止地蔵などでも知られ、その由緒やまつわる逸話などでも有名です。
また、長曽我部盛親(ちょうそかべもりちか)の墓があり、歴史好きの方にも知られるお寺です。

蓮光寺の桜

蓮光寺は早咲きの桜である河津桜の隠れた名所です。
3月中旬から下旬には濃いピンクの華やかな春の彩りが楽しめます。

蓮光寺はこんな方におすすめ

  • 駒止地蔵を拝観したい方
  • 由緒や逸話が好きな方
  • 歴史好きの方
  • 長曽我部盛親のお墓参りをしたい方
  • 街中のお寺へ行きたい方
  • 早咲きの河津桜を見たい方(春)
  • 京都のマニアックなお寺に行きたい方

蓮光寺へのアクセス・拝観時間

住所:〒600-8119 京都府京都市下京区富小路通六条上る本塩竈町534

※その他のアクセス方法もあります。上記は一般的なアクセス方法です。 
 時間はおおよその目安です。

拝観時間 ⇒ 不明
拝観料  ⇒ 無料。節度をもって拝観しましょう。

蓮光寺付近の観光名所

  • 市比賣神社(100m ⇒ 徒歩1分)
  • 上徳寺(140m ⇒ 徒歩2分)
  • 宗仙寺(300m ⇒ 徒歩4分)
  • 文子天満宮(400m ⇒ 徒歩5分)
  • 渉成園(500m ⇒ 徒歩6分)
  • 東本願寺(750m ⇒ 徒歩9分)
  • 西本願寺(1.3km ⇒ 徒歩16分)
  • 興正寺(1.4km ⇒ 徒歩17分)
  • 京都タワー(1.2km ⇒ 徒歩14分)
  • 京都駅ビル(1.3km ⇒ 徒歩15分)
  • 豊国神社(1.1km ⇒ 徒歩13分)
  • 京都国立博物館(1.4km ⇒ 徒歩16分)
  • 三十三間堂(1.5km ⇒ 徒歩18分)
  • 智積院(1.6km ⇒ 徒歩20分)
  • 佛光寺(1.0km ⇒ 徒歩12分)
  • 京都大神宮(1.1km ⇒ 徒歩13分)
  • 火除天満宮(1.2km ⇒ 徒歩14分)
  • 冠者殿社(1.2km ⇒ 徒歩14分)
  • 染殿院(染殿地蔵)(1.3km ⇒ 徒歩15分)
  • 六波羅蜜寺(1.2km ⇒ 徒歩14分)
  • 建仁寺(1.6km ⇒ 徒歩20分)

※距離、時間はおおよその目安です。「約~」などは見にくくなる為省いています。

蓮光寺の公式ホームページ

(※まだまだ作成、編集中です。)

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です