宗忠神社(むねただじんじゃ)

LINEで送る
Pocket

宗忠神社(むねただじんじゃ)の説明

教派神道「黒住教(くろずみきょう)」の教祖、黒住宗忠(くろずみむねただ)を祀る。

宗忠は、江戸時代の安永九年(1780年)に、備前国(現在の岡山県)の
今村宮の神主の家に生まれ、近所では評判の孝行息子として知られた。
次々と両親を病気で失い、自身も重い病にかかったが、
文化十一年(1814年)の冬至の日、朝日を拝しているうちに神の啓示ともいえる霊感を受けてからは、
病いは癒え、天命を悟り、「黒住教」という新しい神道の一派を創始した

以後布教を重ね、嘉永三年(1856年)朝廷から
「宗忠大明神(むねただだいみょうじん)」の神号を与えられ、
文久二年(1862年)門人の赤木忠春が当地にこの大明神を勧請し、建立したものである。

幕末の孝明天皇の時には、朝廷の勅願所となり、皇室はもとより
二条家、九条家などの公家からも厚い崇敬を受けた。

流造(ながれづくり)の本殿は、明治四十五年(1912年)に改築されたものである。
また、拝殿も昭和十二年(1937年)に改築されたものである。

岡山の宗忠神社との区別のため、鎮座地名から「神楽岡宗忠神社」とも呼ばれる。

本殿と並ぶ神明宮は、二条家よ遷したものといわれ、天照大御神を祀る。
白山比咩大神を祀る白山社、赤木忠春(赤木忠春神)を祀る忠春社がある。

例祭は、本殿が四月第四日曜日、神明宮は十一月三日に執り行われる。

(「京都市駒札(立て札)」より参照)

宗忠神社の特徴・見所

宗忠神社の見所は、まずは長い石段です。
東の方(真如堂)の方から拝殿、本殿へと続く石段であり、春は桜、秋は紅葉の名所です。
石段の下から眺める景色も、上から眺める景色も風情があり素晴らしいです。

また、雄大な拝殿も見ごたえがあります。
二神を祀る本殿前の拝殿は広く、言わば二神分の拝殿です。
美しい形であるとともに、厳かな雰囲気があります。

宗忠神社の桜

宗忠神社は京都東山の隠れた桜の名所です。
春には長い石段の両脇には華やかな桜が咲き、見事な情景を楽しめます。
また拝殿前のしだれ桜も綺麗です。

宗忠神社はこんな方におすすめ

  • 長い石段が好きな方
  • 風情ある参道や石段が好きな方
  • 高いところが好きな方
  • 雄大な拝殿を見たい方
  • 京都には何度か来ており、新しい場所へ行きたい方
  • 真如堂や吉田神社へやって来た方

宗忠神社へのアクセス・拝観時間

住所:〒606-8314 京都府京都市左京区吉田下大路町63

※金戒光明寺(または岡崎神社)の方からも真如堂の方からも行けます。あるいは吉田神社の方からも行けます。
※その他のアクセス方法もあります。上記は一般的なアクセス方法です。 
 時間はおおよその目安です。

拝観時間 ⇒ 境内自由
拝観料  ⇒ 境内自由

宗忠神社付近の観光名所

  • 真如堂(300m ⇒ 徒歩4分)
  • 金戒光明寺(850m ⇒ 徒歩11分)
  • 吉田神社(800m ⇒ 徒歩10分)
  • 岡崎神社(1.0km ⇒ 徒歩13分)
  • 霊鑑寺(1.4km ⇒ 徒歩18分)
  • 安楽寺(1.3km ⇒ 徒歩17分)
  • 法然院(1.5km ⇒ 徒歩21分)
  • 大豊神社(1.6km ⇒ 徒歩20分)
  • 銀閣寺(1.7km ⇒ 徒歩22分)
  • 平安神宮(1.3km ⇒ 徒歩16分)
  • 岡崎疏水(1.6km ⇒ 徒歩20分)
  • 京都市美術館(1.4km ⇒ 徒歩18分)
  • 京都市動物園(1.5km ⇒ 徒歩19分)
  • 無鄰菴(1.6km ⇒ 徒歩20分)
  • 南禅寺(1.9km ⇒ 徒歩24分)
  • 永観堂(1.7km ⇒ 徒歩21分)

※距離、時間はおおよその目安です。「約~」などは見にくくなる為省いています。

宗忠神社を検索

(※まだまだ作成、編集中です。)

LINEで送る
Pocket

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です