六角堂(ろっかくどう)(頂法寺・ちょうほうじ)


六角堂(ろっかくどう)(頂法寺)の説明

天台宗系の単立寺院。
山号は紫雲山(しうんざん)。
寺号は頂法寺(ちょうほうじ)。
本尊は如意輪観音。
通称の六角堂は本堂が六角宝形(ほうぎょう)造であることによる。

弘仁十三年(822年)に嵯峨天皇の勅願所となり、建仁元年(1201年)には親鸞が当寺に百日間籠り、
これを真宗開宗の契機と伝える。
室町時代中頃に専慶(せんけい)をはじめ、立花(りっか)の名手を輩出したことで知られ、
代々池坊の家元(華道家元 池坊)が当寺の住職を兼ねる。

平安時代より庶民の信仰を集め、応仁の乱後、革堂(行願寺)が上京の町堂であるのに対して、
下京の町堂として親しまれた。

なお本堂前にあるへそ石は京都の中心を表すといわれる。
西国三十三所観音霊場の第十八番札所。

(「増補版 京都・観光文化検定試験 公式テキストブック」より参照)

六角堂(頂法寺)の特徴・見所

六角堂の見所はまずは六角形の本堂です。
本堂のみならず、近くの太子堂や親鸞堂も六角形をしています。
本堂を見上げながらぐるっと回ることも出来ますし、
隣のビルには展望エレベーターがあり、上から六角形を見下ろすことも出来ます。

また、六角堂は街中にあるお寺であり、境内は特別広くはありませんが、
南無地蔵菩薩のたくさんの石仏や十六羅漢と邪鬼、一言願い地蔵、へそ石など見所が多いです。
さらに、池には白鳥がいることでも知られており、間近で白鳥を見ることができます。

春は桜、特に時期によって色が変わる御幸桜の名所でもあります。

六角堂(頂法寺)の桜

六角堂は街中にある桜の名所であり、春には綺麗なしだれ桜が楽しめます。
中でも「六角堂御幸桜(みゆき桜)」は開花してから色が変わっていくことで有名な桜です。
最初は白色ですが、後半になるにつれて次第にピンク色に変わっていきます。

六角堂(頂法寺)はこんな方におすすめ

  • 六角形の本堂を見たい方
  • 生け花をしている方
  • 白鳥が好きな方
  • アヒルが好きな方
  • お願い事がある方
  • 羅漢さんを見たい方
  • 石仏が好きな方
  • 御幸桜を見たい方(春)
  • 京都の中心のお寺へ行きたい方
  • 京都の変わったお寺へ行きたい方
  • 京都には何度か来ており、新しい場所へ行きたい方

六角堂(頂法寺)へのアクセス・拝観時間

住所:〒604-8134 京都府京都市中京区六角町東洞院西入堂之前248

※その他のアクセス方法もあります。上記は一般的なアクセス方法です。 
 時間はおおよその目安です。

拝観時間 ⇒ 6:00~17:00
拝観料  ⇒ 境内自由・無料

六角堂(頂法寺)付近の観光名所

  • 錦天満宮(900m ⇒ 徒歩11分)
  • 蛸薬師堂(永福寺)(800m ⇒ 徒歩10分)
  • 誓願寺(750m ⇒ 徒歩9分)
  • 矢田寺(800m ⇒ 徒歩10分)
  • 本能寺(1.1km ⇒ 徒歩14分)
  • 染殿院(染殿地蔵)(1.0km ⇒ 徒歩12分)
  • 火除天満宮(1.1km ⇒ 徒歩14分)
  • 京都大神宮(1.2km ⇒ 徒歩15分)
  • 行願寺(革堂)(1.7km ⇒ 徒歩21分)
  • 下御霊神社(1.8km ⇒ 徒歩22分)
  • 京都御苑(1.7km ⇒ 徒歩20分 ※場所による)
  • 御金神社(1.0km ⇒ 徒歩12分)
  • 神泉苑(1.5km ⇒ 徒歩18分)
  • 二条城(1.6km ⇒ 徒歩19分)

※距離、時間はおおよその目安です。「約~」などは見にくくなる為省いています。

六角堂(頂法寺)の公式ホームページ

(※まだまだ作成、編集中です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です