葵祭(あおいまつり)


葵祭(あおいまつり)の説明

五月十五日に行われる賀茂別雷神社(上賀茂神社)および賀茂御祖神社(下鴨神社)の例祭。
京都三大祭の一つ。

古くは賀茂祭といい、四月の中酉日(なかのとりのひ)に行われた。
祭儀に関わる人々から牛車、氏子の家の軒下にいたるまで双葉葵(二葉葵)(ふたばあおい)を掛けたことから
江戸時代以降、葵祭と呼ばれるようになった。

石清水祭・春日祭とともに三勅祭の一つであり、石清水祭を南祭と呼んだのに対して、葵祭を北祭ともいった。
古くは「みあれ」とも呼ばれていた。
また、葵祭は『源氏物語』『枕草子』『今昔物語集』『徒然草』にも取り上げられている。

欽明(きんめい)天皇の代に、国内が風水害で凶作に見舞われたため、
卜部伊吉若日子(うらべいきわかひこ)に占わせたとされる。
そうすると賀茂神(かものかみ)の祟りであることが分かり、四月の吉日に
葵をつけた飾り馬に鈴を付けて走らせ、五穀豊穣を祈ったことが葵祭の始まりとされている。

行列は「本列」と「斎王代列」に大きく分かれる。

本列は勅使代を中心とした行列であり、「乗尻(のりじり)」「検非違使志(けびいしのさかん)」
「検非違使尉(けびいしのじょう)」「山城使(やましろつかい)」「御幣櫃(ごへいびつ)」
「内蔵寮史生(くらりょうのししょう)」「馬寮使(めりょうつかい)」「牛車(ぎっしゃ)」「御馬(おうま)」
「和琴(わごん)」「舞人(まいびど)」「陪従(べいじゅう)」「内蔵使(くらづかい)」「勅使(ちょくし)」
「牽馬(ひきうま)」「風流傘(ふりゅうがさ)」「風流傘(ふりゅうがさ)」からなる。

斎王代列は女人列を中心としており、「命婦(みょうぶ)」「女嬬(にょじゅ)」
「斎王代(さいおうだい)」「騎女(むなのりおんな)」「蔵人所陪従(くろうどどころべいじゅう)」
「牛車(ぎっしゃ)」「命婦(みょうぶ)」と続く。

(「増補版 京都・観光文化検定試験 公式テキストブック」より参照)

葵祭の特徴・見所

葵祭の最大の見所は平安時代を思わせる優雅な行列です。
行列は京都御所から出発し、下鴨神社を経て上賀茂神社までの約8kmの道のり進みます。

この行列は大きく「本列」と「斎王代列」に分かれています。
本列は男性中心の優雅な雰囲気です。力強さというより、雅な感じがします。
斎王代列は女性中心の行列であり、華やかさが感じられます。

葵祭の行列は、京都三大祭の祇園祭の山鉾巡行や時代祭の行列とよく比較されます。
行列自体はおそらく葵祭が一番短いですが、一番優雅な雰囲気、雅で華やかな雰囲気が感じられ、
平安時代、平安貴族を思わせる行列となっています。
牛さんやお馬さんも活躍します。

是非とも一度はご覧いただきたいお祭です。

見る場所によって見え方が当然ながら異なってきます。
行列はおおよそ京都御苑、丸太町通、河原町通、糺の森、下鴨神社、北大路通、賀茂川沿い、上賀茂神社と
進みますが、それぞれ良く見える場所は直ぐに人でいっぱいになります。
良い場所を取ろうと思えば、場所にもよりますが通過時間の1~2時間くらい前から待っておく必要があります。
最高の場所(京都御苑南の行列が縦に並んで全部見える場所など)はそれ以上で、朝の7時頃から人が結構います。
遠目から見る分には、これも場所によりますが、少し前に行けば見えるのは見えると思います。

強いて言う穴場ポイントは加茂街道(賀茂川沿い)です。
人もまばらな場所もあり、行列を近くで見られます。

上賀茂神社の例祭

葵祭は上賀茂神社および下鴨神社の例祭です。
上賀茂神社の説明・見所・アクセスなど

下鴨神社の例祭

葵祭は上賀茂神社および下鴨神社の例祭です。
下鴨神社の説明・見所・アクセスなど

京都三大祭

葵祭は京都三大祭の一つです。

【京都三大祭】

葵祭はこんな方におすすめ

  • 京都の優雅なお祭が好きな方
  • 京都三大祭を見たい方
  • 雅で華やかな衣装が好きな方
  • 平安貴族の雰囲気を感じたい方
  • 歴史が好きな方
  • 時代劇が好きな方
  • 牛が好きな方
  • 馬が好きな方
  • コスプレが好きな方

葵祭の行列の道順・通過時間

≪行列の道順と通過時間≫

◆「京都御苑」出発(10:30)

・「丸太町通」を東へ(10:50)

・「河原町通」を北へ(11:00)

・「出町橋」を東へ(11:15)

・「糺の森」を北へ(11:20)

◆「下鴨神社」到着(11:40)

◇「下鴨神社」出発(14:10)

・「下鴨本通」を北へ(14:30)

・「北大路通」を西へ(14:40)

・「加茂街道(賀茂川沿い)」を北(北西)へ(14:55)

・「御薗橋」を東へ(15:20)

◇「上賀茂神社」到着(15:30)

※ギリギリだと人でいっぱいになって見られなくなってしまうことがあります。
 早めの到着が望ましいです。
※時間はおおよその目安です。

葵祭を検索

(※まだまだ作成、編集中です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です