時代祭(じだいまつり)


時代祭(じだいまつり)の説明

京都三大祭の一つ。
時代祭は、京都の誕生際として、十月二十二日に行われる。
この日は桓武天皇が平安京に奠都(てんと)した日にあたる。

平安神宮は、平安遷都から千百年にあたる明治二十八年(1895年)、
「第四回内国勧業博覧会」の紀念殿として模造朝堂院が建てられ、
桓武天皇を奉祀(ほうし)する神宮として創建された。
また、ここで「平安奠都千百年紀念祭」が盛大に挙行された。
その紀年祭の奉祝行事として幕末維新から平安創業までの時代風俗行列が企画された。
それが時代祭の始まりである。

時代祭は、桓武・孝明両天皇の御霊代(みたましろ)を鳳輦(ほうれん)に移し行われる
神幸祭(しんこうさい)・行在所祭(あんざいしょさい)・還幸祭(かんこうさい)が中心である。

平安神宮で神幸祭を行った後、神幸列が京都御所へ入り、行在所祭執行の後、
正午より明治維新から平安時代までの歴史的風俗の変遷を表す時代行列が市内巡行し平安神宮へ至る。

現在の行列は、二十列、約二千名、牛馬七十頭余りで、総延長二キロにわたる。
行列に使用される祭具はもちろん、衣装や調度品に至るまでの一万二千点余りは、
厳密な時代考証に基づいて復元されており、いわゆる京都の伝統工芸技術を凝縮したものである。

行列は、明治維新時代(維新勤王隊列、維新志士列)、江戸時代(徳川城使上洛列、江戸時代婦人列)、
安土・桃山時代(豊公参朝列、織田公上洛列)、室町時代(室町幕府執政列、室町洛中風俗列)、
吉野時代(楠公上洛列、中世婦人列)、鎌倉時代(城南流鏑馬列)、藤原時代(藤原公卿参朝列)、
平安時代(平安時代婦人列)、延暦時代(延暦武官行進列、延暦文官参朝列)、神饌講社列、
前列、神幸列、白川女献花列、弓箭組と続く。

(「増補版 京都・観光文化検定試験 公式テキストブック」より参照)

時代祭の特徴・見所

時代祭は京都三大祭の中でも一番長い行列です。
約2000名・約2キロにわたる様々な時代の行列を京都の街で見ることができます。
祇園祭は力強さ、葵祭が華やかさならば、時代祭はその中間もしくは両方を兼ね備えた行列です。
人や馬などの衣装が見所の一つであり、特に甲冑などが多く見ごたえがあります。
戦国時代が好きな人などは特に楽しめると思います。

平安神宮の例祭

時代祭は平安神宮の例祭です。
平安神宮の説明・見所・アクセスなど

京都三大祭

時代祭は京都三大祭の一つです。

【京都三大祭】

時代祭はこんな方におすすめ

  • 様々な時代の衣装を見たい方
  • 歴史が好きな方
  • 戦国時代が好きな方
  • 現実を忘れたい方
  • コスプレが好きな方
  • 京都三大祭を見たい方

時代祭の行列の道順・通過時間

≪行列の道順と通過時間≫

◆「京都御所建礼門前出発」出発(12:00)

・「堺町御門」を西へ(12:15)

・「烏丸丸太町」を南へ(12:30)

・「烏丸御池」を東へ(12:50)

・「河原町御池」を南へ(13:20)

・「河原町三条」を東へ(13:30)

・「三条大橋」を東へ(13:40)

・「三条神宮道」を北へ(14:10)

◆「平安神宮」到着(14:30)

時代祭を検索

(※まだまだ作成、編集中です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です