賀茂祭 双葉葵(ふたばあおい)で飾る葵祭行列


賀茂祭 双葉葵(ふたばあおい)で飾る葵祭行列

京都三大祭の一つ「葵祭(あおいまつり)」の2017年の行列の様子です。

葵祭は正式には「賀茂祭」と言います。
上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下鴨神社(賀茂御祖神社)の例祭であり、毎年5月15日に行われます。
行列の人や動物などを葵の葉(フタバアオイの葉)で飾ったため、葵祭と呼ばれるようになったとされます。

今年も京都御苑にて観覧です。昨年(2016年)と同じ建礼門近くで観ました。
背景に人が入らず、結構良い場所です。
8時30分ころに着きましたが、平日だったこともあり場所は十分取れました。

建礼門の大通の南端はおそらく7時くらいには埋まっていると思います。
いつしか青空が望めそうな年に早くに行き、場所を取って正面から見てみたいです。

2017年5月15日開催、撮影です。


葵祭(あおいまつり)の説明・見所・アクセスなど


広告



葵祭行列は、大きく「本列」と「斎王代列」に分かれています。

細かい話をすればいろいろありますが、おおざっぱに
「本列」は男性中心で力強く、「斎王代列」は女性中心で華やかです。

「本列」がやってきました。

「乗尻(のりじり)」です。行列を先導する騎馬です。
本列 乗尻(のりじり) 行列を先導する騎馬

「検非違使志(けびいしのさかん)」です。平安時代の警察の役人さんです。
検非違使志(けびいしのさかん) 平安時代の警察の役人

「検非違使尉(けびいしのじょう)」です。警備の最高責任者です。
タイガースファンだからこのような格好をしているわけではありません。
でも多分、いや勝手にタイガースファンだと思っています。
一度、阪神の元選手などを起用して欲しいと願っています。
絶対に受けます。神事なのに怒られるかなぁ・・・。
検非違使尉(けびいしのじょう) 警備の最高責任者

豪華な傘が続きます。後ろには牛車も見えています。
京都三大祭の葵祭(あおいまつり)

双葉葵(フタバアオイ)で飾られています。
葵祭のふたばあおい

「内蔵寮史生(くらりょうのししょう)」です。御幣物を管理する内蔵寮の七位の文官です。
内蔵寮史生(くらりょうのししょう) 御幣物を管理する内蔵寮の七位の文官

「牛車(ぎっしゃ)」です。勅使の乗る御所車です。
牛車(ぎっしゃ) 勅使の乗る御所車

藤の花などで飾られます。もちろん造花ですが。
牛車の藤の花の飾り

牛さんが活躍します。
葵祭の牛車の牛さん

牛車は葵祭行列の見所の一つでもあります。華やかで力強いです。
Kyoto Aoi Festival Gissya

「舞人(まいびど)」です。近衛府の五位の武官です。
舞人(まいびど) 近衛府の五位の武官

色とりどりの衣装で鮮やかな行列です。
あおいまつり 京都三大祭

「勅使(ちょくし)」です。天皇の使いの行列中の最高位者です。
鉄仮面のようなのをつけたお馬さんもかっこいいです。
勅使(ちょくし) 天皇の使いの行列中の最高位者

「風流傘(ふりゅうがさ)」です。華やかです。結構重たそうです。
風流傘(ふりゅうがさ)

そろそろ本列も終わりに近づきます。
風流傘(ふりゅうがさ) 本列の結び

京都三大祭の葵祭、時代祭、祇園祭の中では、葵祭の行列(巡行)が一番短いです。
当然、行列(巡行)の長さ、短さで良し悪しが決まるものではありませんが。
歴史ある葵祭

先ほどとは別の「風流傘(ふりゅうがさ)」です。本列の結びにやってきます。
Kyoto Aoi Matsuri Hana-Gasa

続いて「斎王代列」です。一気に華やかさが増します。
斎王代列

女性が中心の華やかな行列です。
華やかな葵祭(あおいまつり)

「命婦(みょうぶ)」です。小桂(こうちき)を着用する高級女官さんです。
命婦(みょうぶ) 小桂(こうちき)を着用する高級女官

華やか、艶やかな着物がいっぱい見られます。
葵祭の艶やかな行列

そろそろ斎王代が見えてきました。
この場所は後ろに人が入らず観覧するには良い場所です。土塀と緑が背景になるのも良いです。
葵祭の華やかな行列

赤い和傘も風流、風情があります。
葵祭 風情ある和傘

「斎王代(さいおうだい)」です。葵祭行列の一番の見どころと言って良いでしょう。
斎王代(さいおうだい)

四方輿(しほうごし)と呼ばれるものに乗っています。
四方輿(しほうごし)に乗る斎王代

華やかで豪華な十二単(じゅうにひとえ)をまとっています。
十二単をまとう斎王代

可愛らしい女の子が続きます。
葵祭の可愛い子供

斎王さんは過ぎましたが、まだしばらく行列は続きます。
華やかな葵祭行列

上品で雅な雰囲気です。
葵祭の上品な行列

「騎女(むなのりおんな)」です。斎王付きの清浄な巫女(みかんこ)です。
騎女(むなのりおんな) 斎王付きの清浄な巫女(みかんこ)

女の人もお馬さんも活躍します。
Aoi Festival in Kyoto

いろんな着物、衣装でお馬に乗っています。見ていて飽きません。
華やかな着物や衣装 葵祭

華やかな傘や牛車が見えてきました。斎王代列・葵祭行列もそろそろ終盤です。
豪華で華やかな葵祭行列

豪華で華やかな傘です。
Aoi Matsuri in Kyoto

平安時代のようです。嘘です。
いや、嘘ではありませんが、平安時代へ行ったことはありません。想像です。
平安時代のような葵祭

豪華で艶やかなお着物です。雅な雰囲気がします。
艶やかで華やかな葵祭(あおいまつり)

フタバアオイで飾られています。
フタバアオイを身につけた華やかな葵祭

「牛車(ぎっしゃ)」です。女房車と呼ばれる斎王の牛車です。
斎王代列・葵祭行列の最後にやってきます。
牛車(ぎっしゃ) 女房車と呼ばれる斎王の牛車

力強い牛さんです。最後は牛さんが締めてくれます。
今年も素晴らしい行列に感謝です。
葵祭の力強い牛車


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です