蓮華寺(れんげじ)


蓮華寺(れんげじ)の説明

山号は帰命山(きみょうざん)。
本尊は釈迦如来。

かつては時宗(じしゅう)の寺であり、応仁の乱で荒廃した後、
寛文二年(1662年)に加賀藩家老の今枝民部近義(いまえだみんぶちかよし)が
祖父の重直(しげなお)を供養するために現在地に再建した。
再建の際には、石川丈山、狩野探幽、木下順庵、黄檗の隠元禅師木庵禅師等、当時の著名文化人が協力したとされる。

庭園は書院前に高野川の清流を引き込んだ池庭が広がり、本堂の参道左右に有名な蓮華寺型燈籠が立てられている。
本堂、鐘楼堂、井戸屋形、庭園は創建当時のままであり、いずれも文人の残した貴重な文化遺産である。

(「増補版 京都・観光文化検定試験 公式テキストブック」および「洛北 蓮華寺のしおり」より参照)

蓮華寺の特徴・見所

蓮華寺の一番の見所は書院から眺める池泉式庭園です。
春から夏にかけては新緑・青もみじが、秋には色とりどりの紅葉が見られます。
書院の縁側から眺める庭園と、書院の奥から引いて眺める庭園はかなり趣が異なります。
どの季節でも息を呑む見事な情景、風情ある空間を楽しめます。
庭園では、もみじだけではなく、緑の美しい苔も見られます。

山門を入って直ぐの鐘楼や井戸屋形前、百体地蔵前でも見事な苔やもみじを見られます。

蓮華寺は天気の良すぎる日よりも、影ができない雨や曇りの日がお勧めです。
秋の紅葉シーズンは少し込みますが、その他の季節は空いています。
タイミングによっては書院を独り占めできる時間帯もあります。
蓮華寺は京都洛北のお勧めの寺院、庭園です。

なお、書院前の池泉式庭園は、書院から庭園に下りてからの写真撮影は禁止されています。
書院内からの撮影のみです。

蓮華寺の新緑・青もみじ・苔

蓮華寺は春から夏にかけて新緑、青もみじの名所です。
山門を入った直ぐの井戸屋形前、鐘楼前、書院前の池泉式庭園などで美しい青もみじや苔を楽しめます。
また、書院奥から眺める庭園の緑は絶品です。
秋以外は空いているので、思う存分素晴らしい空間を独り占めできるときもあります。

蓮華寺の紅葉

蓮華寺は京都洛北の紅葉の名所です。
山門を入った直ぐの井戸屋形前、鐘楼前では見事な紅葉と苔、時期によっては素晴らしい散りもみじが見られます。
また、銀杏もあり、紅い紅葉と黄色い銀杏のコラボも楽しめます。

書院前の池泉式庭園では極上の色とりどりの紅葉が見られます。
書院縁側付近からでも、書院奥からでも素晴らしい絶品の紅葉が楽しめます。

是非ともお勧めの京都の紅葉の名所です。ただし、秋は少し込みます。

蓮華寺はこんな方におすすめ

  • 水辺の景色、池泉式庭園が好きな方
  • 額縁庭園が好きな方
  • 落ち着いた空間が好きな方
  • 座ってゆっくり庭園を眺めたい方
  • 苔が好きな方
  • もみじが好きな方(紅葉・青もみじ共に)
  • ぼっーと物思いにふけりたい方
  • 何も考えたくない方
  • 京都には何度か来ており、新しい場所を発掘したい方

蓮華寺へのアクセス・拝観時間

住所:606-0065 京都府京都市左京区上高野八幡町1

※その他のアクセス方法もあります。上記は一般的なアクセス方法です。 
 時間はおおよその目安です。

拝観時間 ⇒ 9:00~17:00
拝観料  ⇒ 400円(一般)

蓮華寺付近の観光名所

  • 瑠璃光院(1.2km ⇒ 徒歩18分)
  • 崇導神社(100m ⇒ 徒歩1分)
  • 栖賢寺(150m ⇒ 徒歩2分)
  • 三宅八幡宮(950m ⇒ 徒歩13分)
  • 赤山禅院(1.4km ⇒ 徒歩20分)
  • 修学院離宮(2.3km ⇒ 徒歩32分)
  • 宝が池公園(1.2km ⇒ 徒歩15分)
  • 八瀬・高野川(1.0km ⇒ 徒歩12分 ※叡山ケーブ八瀬駅付近を基準)

※距離、時間はおおよその目安です。「約~」などは見にくくなる為省いています。

蓮華寺を検索

(※まだまだ作成、編集中です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です