栖賢寺(せいけんじ)

LINEで送る
Pocket

栖賢寺(せいけんじ)の説明

臨済宗大徳寺派。
山号は朝崇山(ちょうすうざん)。
本尊は薬師如来。
開山は竺堂和尚(じくどうおしょう)。
開基は赤松範資(あかまつのりすけ)摂津守護職。

摂津国の禅院十刹の一つ。
もともとは兵庫県尼崎市寺町にあった。
『摂津名所図会』には、「尼崎寺町にあり。禅院十刹のその一なり。
秀吉公、山崎合戦の時、勝利ありて、諸侯を饗したまふ所なり。腰掛松 当寺にあり。」と記載されている。
また『尼崎志』には、康永年間(1342~1345年)に竺堂開基したとされ、
廣徳寺とともに笑嶺宗訴中興とある。

中世には大物町にあった。
元和年間(1615~1624年)に尼崎城築城にともないに寺町に移転。近代になり無住となり荒廃。
昭和七年(1932年)に兵庫県尼崎市寺町から現在地に移転再建。

堂宇に本堂・金鳳閣・如意輪堂・隠寮・庫裏・土蔵・鐘楼などがある。
梵鐘「千人鐘」は昭和六年(1931年)に鋳造の千百余人の結縁合力によって造られた。

栖賢寺の特徴・見所

栖賢寺(せいけんじ)は京都の超穴場のお寺です。
京都最大の穴場のお寺と言っても良いかもしれません。

あまり知られていないお寺や神社はたくさんありますが、
ここ栖賢寺はそれだけではなく、その美しさが群を抜いています。
だからこそ最大の穴場のお寺と言えます。

境内にはもみじやカエデ、イチョウなどをはじめ木々、緑がおおく、小川も流れています。
四季折々鮮やかな彩りが楽しめます。
また、自然のみではなく、伽藍も構えられており、風情ある情景を楽しめます。
しかも、いつも人がいません。独り占めできることが多いです。

ただし、観光目的の寺院ではないため、節度をもって行動しましょう。
(これはどこの寺院でも同じですが、ここは特に気をつけましょう。)
大きな声を出したり騒いだりしないようにしましょう。
また、訪問した際に門が閉まっていれば、当然ながら勝手に入ったりしないようにしましょう。

栖賢寺の新緑・青もみじ

栖賢寺にはもみじやカエデなど自然が豊富であり、
春から夏にかけては鮮やかな新緑や深い青もみじが楽しめます。
また、伽藍と一緒に風情ある景色も見られます。

栖賢寺の紅葉

栖賢寺は京都紅葉の超穴場です。
秋には色とりどりの鮮やかな紅葉が境内を染め、その美しさは圧巻です。
銀杏もあり、赤と黄色のコントラストも楽しめます。
また、散り紅葉も非常に綺麗で、風情ある情景を堪能できます。

栖賢寺はこんな方におすすめ

  • 京都の穴場のお寺へ行きたい方
  • 自然や緑の溢れるお寺へ行きたい方
  • 風情ある景色を見たい方
  • 誰もいないお寺へ行きたい方
  • 京都には何度も来ており、新しい場所へ行きたい方
  • 京都のほとんど知られていないお寺へ行きたい方
  • 蓮華寺や瑠璃光院へやって来た方

栖賢寺へのアクセス・拝観時間

住所:〒606-0066 京都府京都市左京区上高野水車町20

※その他のアクセス方法もあります。上記は一般的なアクセス方法です。 
 時間はおおよその目安です。

拝観時間 ⇒ 不明。おそらく日中(9:00~17:00ころ)は開いていると思われます。
拝観料  ⇒ 境内自由

栖賢寺付近の観光名所

  • 蓮華寺(160m ⇒ 徒歩2分)
  • 崇導神社(230m ⇒ 徒歩4分)
  • 瑠璃光院(1.2km ⇒ 徒歩20分)
  • 三宅八幡宮(1.0km ⇒ 徒歩13分)
  • 赤山禅院(1.5km ⇒ 徒歩22分)
  • 修学院離宮(1.6km ⇒ 徒歩23分)
  • 九頭竜大社(1.7km ⇒ 徒歩24分)
  • 八瀬・高野川(800m ⇒ 徒歩11分 ※叡山ケーブ八瀬駅付近を基準)

※距離、時間はおおよその目安です。「約~」などは見にくくなる為省いています。

栖賢寺を検索

(※まだまだ作成、編集中です。)

LINEで送る
Pocket

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です