長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)


長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)の説明

京都府長岡京市に鎮座する神社(天満宮)。
祭神は菅原道真(すがわらのみちざね)。

長岡京市は、かつて山城国乙訓郡長岡と呼ばれていた。
延暦三年(784年)に桓武天皇が平城京から都を移し、長岡京を造営。
ただし、長岡宮を含む京域のほとんどは、現在の京都府向日市にあり、現在の長岡京の地とは異なる。

道真が大宰府に左遷される時にここに立ち寄り、
「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだと伝えられる。

当社は道真の没後、家臣たちが聖廟を建てたことに始まるとされる。
江戸時代の初めには、八条宮智仁(としひと)親王が社地を整備し、
社殿の東にある八条ヶ池を灌漑用水を兼ねて造営した。

社地は元10万余坪あったが、明治維新の際の上地のため、現今は2万余坪となっている。
現在の本殿は、昭和十六年(1941年)に京都の平安神宮の社殿を拝領移築したもの。
正面の朱塗りの拝殿は「菅公御神忌1100年大萬燈祭」を奉賛し、既存の拝殿を増改築したものである。

境内にある弁天池の周辺は、池泉回遊式庭園の「錦景園」として近年整備された。
八条ヶ池には、檜で作られた水上橋がある。
八条ヶ池の中堤両側には、樹齢百数十年といわれるキリシマツツジが植えられ、キリシマツツジの名所でもある。

(「増補版 京都・観光文化検定試験 公式テキストブック」より参照)

長岡天満宮の特徴・見所

長岡天満宮は四季折々に自然や花々が楽しめる神社です。
春先の梅、春の桜やキリシマツツジ、初夏の杜若や花菖蒲、秋の紅葉など季節ごとの彩りを楽しめます。
八条ヶ池の水辺の美しい景色も見所です。
春のキリシマツツジの時期は少し混みますが、他の時期は比較的空いており、
ゆっくり自然豊かな境内を拝観、散策できます。

また、学業成就や安産・子授けのご利益があるとされています。

長岡天満宮の桜

長岡天満宮の八条ヶ池は桜の名所です。
春には水辺の美しい桜並木が楽しめます。
また例年ライトアップも行われます。

長岡天満宮のキリシマツツジ

長岡天満宮は霧島躑躅(きりしまつつじ)の名所です。
長岡天満宮と言えばキリシマツツジ、京都のキリシマツツジと言えば長岡天満宮とも言えます。
春のゴールデンウィークのころには、八条ヶ池の中堤や畔に真っ赤なキリシマツツジが咲きそろいます。
迫力、圧巻の赤いツツジで見ごたえ十分です。

長岡天満宮の紅葉

長岡天満宮は紅葉の隠れた名所です。
秋には八条ヶ池周辺や錦景苑、本殿や手水舎付近にて見事な紅葉が楽しめます。
中でも近年整備された枯山水と池泉式の融合された庭園「錦景苑」では、
風情ある紅葉、水辺の美しい紅葉などが見られます。

長岡天満宮はこんな方におすすめ

  • キリシマツツジを見たい方(春)
  • 学業成就祈願の方
  • 安産祈願・子授け祈願の方
  • 水辺の景色が好きな方
  • 広々とした場所が好きな方
  • 歴史が好きな方
  • 自然につつまれた神社へ行きたい方
  • 季節ごとの彩を楽しみたい方

長岡天満宮へのアクセス・拝観時間

住所:617-0824 京都府長岡京市天神2丁目15-13

  • 阪急京都線「長岡天神」駅から徒歩10分
  • JR東海道線「長岡京」駅から徒歩20分

※その他のアクセス方法もあります。上記は一般的なアクセス方法です。 
 時間はおおよその目安です。

拝観時間 ⇒ 境内自由
拝観料  ⇒ 境内自由

長岡天満宮付近の観光名所

  • 乙訓寺(1.7km ⇒ 徒歩22分)
  • 光明寺(2.3km ⇒ 徒歩28分)
  • 山崎聖天(3.5km ⇒ 徒歩45分)
  • アサヒビール大山崎山荘美術館(4.2km ⇒ 徒歩55分)

※乙訓寺以外の名所はどこも距離がある為、電車、バス、タクシーの移動が良いと思われます。
※距離、時間はおおよその目安です。「約~」などは見にくくなる為省いています。

長岡天満宮の公式ホームページ

(※まだまだ作成、編集中です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です