長岡天満宮 黄菖蒲と睡蓮 春の水辺の彩り


長岡天満宮 黄菖蒲と睡蓮 春の水辺の彩り

京都府長岡京市天神二丁目の長岡天満宮の黄菖蒲(きしょうぶ)や睡蓮(すいれん)などです。

長岡天満宮の八条ヶ池は、春から初夏にかけて花菖蒲(はなしょうぶ)の名所となります。
中でも西池では黄色い黄菖蒲や睡蓮が楽しめます。
黄菖蒲は、西池および南池の紫色の通常の花菖蒲よりも早くに見ごろをむかえます。

5月の黄菖蒲の見ごろ時期には、西池の一部が黄色く覆われます。
花の密度も高く想像以上の美しい水辺の景色が見られます。
しかも人があまりおらず、ゆっくり静かに観賞できます。

2017年5月14日訪問、撮影です。


長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)の説明・見所・アクセスなど


広告



長岡天満宮の八条ヶ池の西池には「カキツバタ園」があります。
そこでは例年5月から6月にかけて黄色い菖蒲の花である「黄菖蒲(キショウブ)」が咲きます。
長岡天満宮の黄菖蒲

長岡天満宮の八条ヶ池「カキツバタ園」のご案内

八条ヶ池の西池には橋が架かっており、主にその南側に黄菖蒲があります。
黄菖蒲 長岡天満宮

初めて訪れると驚きます。物凄い黄菖蒲が咲いています。
長岡天満宮のキショウブ

橋も木製であり、風情があります。
長岡天満宮の八条が池の黄色い菖蒲の花

黄菖蒲と橋の水鏡も美しいです。
長岡天満宮の黄菖蒲と水鏡

白の菖蒲の花も少しあるようですが、黄色が圧倒的に多いです。
Kyoto Nagaoka-tenmangu shrine iris

超満開、見ごろです。
長岡天満宮の黄菖蒲(きしょうぶ)

おそらく長岡天満宮のこの黄菖蒲の知名度は低いです。
実際、これだけ満開、見ごろをむかえているのに見に来ている方はほとんどいませんでした。
長岡天満宮 八条ヶ池は黄菖蒲の穴場、黄菖蒲の隠れた名所と言って問題ないでしょう。
黄菖蒲の隠れた名所の長岡天満宮

毎年こんなに咲いているのか、今年(2017年)は特別に良く咲いているのか分りませんが、
とにかく物凄い咲いています。
長岡天満宮の一面の黄菖蒲(キショウブ)

鮮やかな黄色です。日が当たるとより輝きます。
長岡天満宮の鮮やかな黄色い菖蒲の花

圧巻の黄菖蒲です。
Kyoto Nagaoka-tenmangu Shrine yellow-iris

この時期は、同じく八条ヶ池の西池で睡蓮(スイレン)も咲きます。
長岡天満宮の華やかな睡蓮

黄色い黄菖蒲と白い睡蓮のコラボも楽しめます。
八条が池の西池の美しい睡蓮(スイレン)

睡蓮と黄菖蒲につつまれた春の長岡天満宮

睡蓮も満開、見ごろをむかえています。
満開のスイレンにつつまれた八条が池

睡蓮の花は葉があってこその花です。おそらく花だけでは美しさは半減するでしょう。
春の長岡天満宮の華やかな白い睡蓮

華やかな春の水辺の彩りです。
長岡天満宮の黄色い菖蒲と白い睡蓮

睡蓮の花は蓮(ハス)ほど大きな花ではありませんが、同じくらいの存在感を放っています。
Kyoto Nagaoka-tenman-gu Shrine waterlily

橋の近くに不思議な黄色い花が咲いていました。
蓮の一種でしょうか。分りませんが、可愛く綺麗な花です。
八条が池の黄色い花

再び黄菖蒲(キショウブ)です。
鮮やかな黄色が池一面を覆っています。
長岡天満宮の八条ヶ池西池の一面のキショウブ

黄菖蒲に限らず菖蒲の花は見方によって様々な楽しみ方ができます。
春の長岡天満宮の華やかなキショウブ

これだけ綺麗に育って咲くというのは、かなり丁寧に手入れをされているのでしょう。
満開の黄菖蒲につつまれた長岡天満宮

華やかな黄色につつまれています。素晴らしいです。
見ごろの黄菖蒲にそまった八条ヶ池

黄色い菖蒲の花が咲く春の長岡天満宮

もっとたくさん人が来ても良い美しさです。まぁ、個人的には来ない方が良いですが。
Yellow Iris Nagaoka-tenman-gu Shrine in Kyoto,Japan

満開の花、つぼみの花、散りの花など全て揃っています。
八条が池 西池の華やかな黄菖蒲

何時間でも見ていられそうな春の水辺の彩りです。
長岡天満宮の圧巻の黄菖蒲

黄菖蒲の水鏡も極上です。
長岡天満宮の美しい黄色い菖蒲の花と水鏡

人はほとんどいなかったので、鮮やかな空間をほぼ独り占めでした。
鮮やかなキショウブにつつまれた長岡天満宮

素晴らしすぎる黄菖蒲と睡蓮に感謝、感謝です。
黄菖蒲の名所の長岡天満宮


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です