長岡天満宮 紅葉 錦色にそまる京都の紅葉の隠れた名所


長岡天満宮 紅葉 錦色にそまる京都の紅葉の隠れた名所

京都府長岡京市天神二丁目にある長岡天満宮の紅葉です。

当初、長岡天満宮の紅葉に行く予定はありませんでしたが、
乙訓寺から阪急京都線の長岡天神駅へ歩いて帰る途中に、
せっかくなので寄ってみようと思い訪れました。

するとすると、紅葉がいっぱいです。
八条ヶ池の周りや手水舎付近、そして「錦景苑」という池泉式の庭園が紅葉の見所です。

長岡天満宮はキリシマツツジや桜、花菖蒲などで有名ですが、紅葉も綺麗です。
想像していた以上に紅葉がたくさんあり、見事な色合いでした。
人はそこそこいますが、混雑したりはしません。
おそらく長岡天満宮の紅葉の知名度は高くないのだと思います。
隠れた紅葉の名所と言って良いでしょう。

2016年11月29日訪問、撮影です。


≪2016年の紅葉≫

今年2016年の紅葉はこれにて見納めと致します。

まだまだ見ごろの場所や、これから見ごろをむかえる場所もあります。
しかし、終了してしまった場所がほとんどなのも事実です。

これからの時期に見ごろの紅葉、綺麗な紅葉を探し回ると、
終わってしまった紅葉に出会う確立も非常に高くなります。
探せるだけ探して、回れるだけ回るのも良いですし、そうしてきた年もあります。
来年以降またそうするかも知れません。
しかし、終わった紅葉に出会ってしまうと非常に悲しく、寂しくなります。

今年は綺麗なままで終了しようと思います。

昨年(2015年)は京都の紅葉は不作、凶作でした。
今年は大丈夫でした。全体的に色づきも良く、非常に綺麗だったと思います。
最初の紅葉(神護寺)へ行った際に安心しました。

場所によっては良くなかった場所もありますが、これは毎年のことです。
いろんな状況やタイミングなどで良くない年が出てしまう様で、それは仕方のないことです。

今年の紅葉は進みが「非常に」早かったと言われています。
確かに少し早かったですが、終わってみると例年並みかやや早いくらいに感じます。
あるいは、前半の紅葉が早く、後半の紅葉が普通のようにも思います。
昨年が異常だったので、その反動で特別早く感じたのかも知れません。
何であれ、紅葉は自然・生き物なので予測するのは難しいです。

それよりも紅葉で重要なのは、行きたいところに行くのではなく、見ごろのところに行くことだと思います。
また場所によっては天候の向き、不向きもあります。
京都観光は予定・計画が大事ですが、見ごろ時期によって急遽変更することも重要だと思います。
ツアーとか宿を予約している場合など、変更が無理、難しいのは分かっていますが、それでもやはりそう思います。

今年も行きたかったけれど行けなかった場所がたくさんあります。
そのうちの特に2か所は絶対行きたかった場所、行く予定であったのに行けなかった場所です。
ただし、見ごろの時期に行かないと意味がないので仕方ないと思っています。
来年以降の楽しみとしたいです。

逆に数年前から行きたくてやっと行けた場所、行く予定はなかったけど行けた場所などもありました。
感謝、感謝です。

自分は一眼レフカメラ(大きめのカメラ)で写真を撮りますが、
知らない間に人に迷惑をかけているかも知れません。
また、自分の気づかない間によけてくれたりしてくれた方がいるかも知れません。
実際気を使ってくれた方もたくさんいます。
お詫びとお礼を申し上げます。すいませんでした。ありがとうございました。

また来年も良い紅葉を見たいです。


(後日更新致します。
 写真が大量に溜まっているため、いつ更新できるか分りません。
 年内にできるかも知れませんし、来年2月ころまでかかるかも知れません。
 申し訳ございません。

 過去の記事から順番に更新していきます。
 ただし、新しい記事や写真(グルメや雪など)が入ってくれば、そちらを優先して更新します。
 紅葉は全体の量が多すぎるので後回しにします。 

 ブログ更新はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスでお知らせしています。
 なお、現在インスタグラムが一番早い写真更新です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です