山鉾巡行 白楽天山・郭巨山・放下鉾・船鉾・・・


山鉾巡行 白楽天山

2017年の祇園祭 前祭の山鉾巡行(やまほこじゅんこう)です。

前祭(さきまつり)の巡行では、23基の豪華絢爛な山鉾が京都の街を巡ります。

写真が多くなるため、巡行順に記事を以下①~④の4つに分けました。
①「長刀鉾」「占出山」「孟宗山」「霰天神山」「函谷鉾」
②「伯牙山」「四条傘鉾」「芦刈山」「月鉾」「山伏山」「油天神山」
③「太子山 」「鶏鉾」「木賊山」「綾傘鉾」「蟷螂山」「菊水鉾」
④「白楽天山」「郭巨山」「保昌山」「放下鉾」「岩戸山」「船鉾」

こちらは④の『「白楽天山 (はくらくてんやま)」「郭巨山 (かっきょやま)」「保昌山 (ほうしょうやま)」
「放下鉾 (ほうかほこ)」「岩戸山 (いわとやま)」「船鉾 (ふねほこ)」』の記事です。

今年の山鉾巡行は雨こそ降りませんでしたが、どんよりした曇り空でした。
これが良いのか悪いのか、難しいです。
この時期は何せ暑いので、曇り空だと幾分か暑さがましです。
カンカン照りだと厚さが半端ないです。
ただ、青空に映える山鉾、光る鉾頭も見てみたいです。
次は暑さを覚悟して、爽快な青空の下でも前祭の山鉾巡行を見てみたいです。

まぁ晴れでも曇りでも、今年も素晴らしい巡行を見せていただきました。

2017年7月17日訪問、撮影です。


祇園祭(ぎおんまつり)の説明・見所・日時など


広告



18番目は「白楽天山(はくらくてんやま)」です。
白楽天山(はくらくてんやま)

外国人の方々が担いでいます。
外国人の方が担ぐ白楽天山

哀愁漂うような雰囲気、色合いのの胴懸です。
白楽天山の哀愁漂う雰囲気の胴懸と水引

門や伽藍の描かれた壮大な見送りです。
白楽天山の門や伽藍の描かれた見送り

物語風の胴懸です。
白楽天山の物語風の胴懸

唐の詩人である白楽天が道林禅師に仏法の大意を問う姿を表しているそうです。
白楽天は唐冠をかぶり、笏(しゃく)を持って立っています。
そして道林禅師は、手に数珠と払子を持ち、松の枝の上に座っています。
白楽天山の唐の詩人である白楽天と道林禅師

みなさん素晴らしい表情です。
日本に来て楽しんでいただき、喜んでいただければこちらも嬉しくなります。
良い表情をした白楽天山を担ぐ外国人の方々

何回も回り、楽しそうに進んで行きます。
楽しそうに進む白楽天山

19番目は「郭巨山(かっきょやま)」です。
郭巨山(かっきょやま)

中国の故事である郭巨釜掘りにちなみます。
そのため「釜掘り山」とも言われるそうです。
釜掘り山とも言われる郭巨山

童子を養えなくなって苦しむ郭巨が鍬を振りおろすと、
何と地中より黄金一釜が出てきて、驚き喜ぶ姿を表しているそうです。
郭巨山の斧を持つ郭巨と童子

華やかな前懸です。
郭巨山の華やかな前懸

胴懸には雪に覆われた笹と鳥が描かれています。
雪に覆われた笹と鳥を描いた郭巨山の胴懸

反対側の胴懸には、菖蒲と白鷺が描かれています。
郭巨山の菖蒲と白鷺を描いた胴懸

天女と鮮やかな色合いの背景の見送りです。
鮮やかな見送りの郭巨山

20番目は「保昌山(ほうしょうやま)」です。
保昌山(ほうしょうやま)

丹後の守である平井保昌と和泉式部の恋物語にちなみます。
保昌が式部のために紫宸殿の紅梅を持ってきた姿を表しているそうです。
保昌山の和泉式部に紅梅を渡す平井保昌

保昌山には「縁結び」のご利益があるとされます。
縁結びのご利益がある保昌山

中国の物語風の見送りです。
保昌山の中国の物語風の見送り

保昌山は丹後にまつわる山でもあります。
丹後にまつわる山である保昌山

21番目は「くじ取らず」の「放下鉾(ほうかほこ)」です。
放下鉾(ほうかほこ)

稚児人形が乗っています。しかもこの稚児人形は動きます。
放下鉾の動く稚児人形

大きな放下鉾です。
真木のなかほどに放下僧の像を祀っていることから「放下鉾」と呼ばれるそうです。
また、鉾頭は日・月・星の三光が下界を照らす形を示しています。
山鉾巡行の大きな放下鉾

辻回しの準備です。
辻回しの準備をする放下鉾

鶴の彫刻と美しい装飾です。
放下鉾の美しい鶴の装飾

龍の描かれた水引です。浴衣が涼しげです。
放下鉾の涼しげな浴衣と水引の龍

東洋の夜景とフクロウが描かれた見送りです。
放下鉾のペルシャの夜景とフクロウの見送り

前懸や胴懸には、花文様のインドやペルシャ絨毯が利用されています。
Yamahoko-Junkko Parade of the Kyoto Gion-Festival

22番目は「くじ取らず」の「岩戸山(いわとやま)」です。
岩戸山(いわとやま)

華やかな水引や装飾です。
岩戸山の華やかな水引や装飾

前懸や胴懸は落ち着いた色合いです。
岩戸山の落ち着いた色合いの前懸や胴懸

天岩戸を開いて天照大神の出現させる日本神話にちなみます。
天岩戸を開き天照大神の出現させる日本神話にちなむ岩戸山

半被(はっぴ)は白ベースが多いですが、紺色もなかなか良いです。
岩戸山の引き手の紺色のはっぴ

辻回しです。車輪を綱で引っ張ると同時に押しもします。
岩戸山の辻回し

煌びやかな水引です。鳥が描かれています。
岩戸山の煌びやかな水引

胴懸の上で揺れる飾り紐です。
岩戸山の胴懸の上で揺れる飾り紐

車輪に引き綱を引っ掛けて辻回しの準備をします。
岩戸山の辻回しの準備と車輪

一度では90度曲がらないため何度か引きます。
通常は3回位で曲がります。たまに4回引きます。5回というのはあまり見た記憶がありません。
辻回しをする山鉾巡行の岩戸山

滑りやすいように車輪の下に竹を敷いて水をまきます。
車輪の下に竹を敷いて辻回しの準備をする岩戸山

祇園祭の山鉾は「動く美術館」とも称されます。
動く美術館といわれる祇園祭

鮮やかな色合いの見送りや水引です。
鮮やかな色合いの見送りの岩戸山

山ではありますが、鉾と同じく車輪をつけた曳山です。かなり大きいです。
鉾柱のかわりに屋根の上に真松を立てています。
鉾のように大きな岩戸山

23番目は「くじ取らず」の「船鉾(ふねほこ)」です。
船鉾(ふねほこ)

舳先に金色の鷁(げき)をつけています。鷁(げき)とは想像上の水鳥です。
舳先に金色の鷁(げき)をつける船鉾

神功皇后の説話にちなみ鉾全体が船の形をしています。
神功皇后の説話にちなみ船の形をした美しい船鉾

鉾の上には、皇后および磯良・住吉・鹿島の三神像を安置しています。
Fune-Hoko of Yamahoko-Junko Cruise of Gion-Matsuri Festival in Kyoto

車輪の下に竹を敷いて水をまきます。
辻回しの準備をする船鉾の車輪

辻回しです。
船鉾の辻回し

華やかな色とりどりの飾り紐です。
船鉾の色とりどりの飾り紐

豪華絢爛な装飾です。
豪華絢爛な船鉾の装飾

舵(かじ)には飛龍文様が描かれています。
舵に飛龍文様が描かれている船鉾

今年も素晴らしい山鉾巡行を見させていただきました。感謝、感謝です。
素晴らしい祇園祭の山鉾巡行


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です