山鉾巡行 鶏鉾・木賊山・蟷螂山・菊水鉾・・・


山鉾巡行 祇園祭 菊水鉾 辻回し

2017年の祇園祭 前祭の山鉾巡行(やまほこじゅんこう)です。

前祭(さきまつり)の巡行では、23基の豪華絢爛な山鉾が京都の街を巡ります。

写真が多くなるため、巡行順に記事を以下①~④の4つに分けました。
①「長刀鉾」「占出山」「孟宗山」「霰天神山」「函谷鉾」
②「伯牙山」「四条傘鉾」「芦刈山」「月鉾」「山伏山」「油天神山」
③「太子山 」「鶏鉾」「木賊山」「綾傘鉾」「蟷螂山」「菊水鉾」
④「白楽天山」「郭巨山」「保昌山」「放下鉾」「岩戸山」「船鉾」

こちらは③の『「太子山 (たいしやま)」「鶏鉾 (とりほこ・にわとりほこ)」「木賊山 (とくさやま)」
「綾傘鉾 (あやかさほこ)」「蟷螂山 (とうろうやま)」「菊水鉾 (きくすいほこ)」』の記事です。

山鉾巡行も半分を過ぎた位から少し疲れてきます。
それも当然で、何時間も同じ場所の立っていたり、座っていたりするからです。
巡行自体は朝の9時から始まりますが、先頭がの長刀鉾が烏丸を9時に出発するだけです。
先頭が四条河原町にやってくるのは、9時半ころかもう少し後です。
23基全てが四条河原町を通過するのは12時ころです。
特別早い朝5時や6時などは別としても、多くの方は結構早くから来られてます。
御池の方は別ですが、四条河原町に9時に着けば場所がありませんし、身動きができません。
山鉾巡行を四条河原町でしっかり見ようと思えば遅くとも8時には着いていた方が良いです。
そうなると、移動時間含めて何時間もかかるので、疲れてきて当然です。
でもそれ位してでも見る価値はあると思います。

2017年7月17日訪問、撮影です。


祇園祭(ぎおんまつり)の説明・見所・日時など


(※後日更新致します。
  写真が大量に溜まっているため、大きく遅れます。更新目処も不明です。
  更新する以上に新しい写真が入ってくるため、どんどん遅れていってます。

  ご了承下さいませ。申し訳ございません。

  更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  なお、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です