今熊野観音寺 藤 紫と白の春の彩り


今熊野観音寺 藤 紫と白の春の彩り

京都市東山区泉涌寺山内町にある泉涌寺(せんにゅうじ)塔頭の
今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)の藤(藤の花)です。

今熊野観音寺は京都の藤の楽しめるお寺です。
物凄く大きな藤の木があったり、数が多いわけではありませんので、名所と呼べるかどうかは分りません。
しかし、名所かどうかは別として、大師堂前では春には素晴らしい藤の花を楽しめます。

今熊野観音寺には、一般に良く見かける紫の藤の花だけではく、白い花の白藤(しらふじ)もあります。
二色の藤の花を一緒に楽しめます。

2017年5月3日訪問、撮影です。


今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)の説明・見所・アクセスなど


泉涌寺(せんにゅうじ)の説明・見所・アクセスなど


(※後日更新致します。
  写真が大量に溜まっているため、大きく遅れます。更新目処も不明です。

  ご了承下さいませ。申し訳ございません。

  更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  なお、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です