山鉾巡行 祇園祭 後祭 橋弁慶山・北観音山・・・


山鉾巡行 祇園祭 後祭 北観音山

2017年祇園祭の後祭の山鉾巡行(やまほこじゅんこう)です。

祇園祭は前祭(さきまつり)に続き、後祭(あとまつり)が行われます。
後祭の巡行では10基の山鉾が京都の街を巡ります。
規模は前祭の方が大きいですが、後祭にも豪華な山鉾、綺麗な山鉾、
個性的な山鉾、そして目玉の大船鉾などが登場します。

写真が多くなるため、巡行順に記事を以下①~③の3つに分けました。
①「橋弁慶山」「北観音山」「鯉山」「役行者山」
②「八幡山」「南観音山」「鈴鹿山」
③「浄妙山」「黒主山」「大船鉾」

こちらは①の『「橋弁慶山(はしべんけいやま)」「北観音山(きたかんのんやま)」
「鯉山(こいやま)」「役行者山(えんのぎょうじゃやま)」』の記事です。

河原町御池の北東側での観覧です。

後祭の山鉾巡行は先祭とコースは同じですが、逆周りに進みます。
また、同時進行で花傘巡行も行われます。
どこで見るかも前祭とは異なってきます。
河原町御池の北東側で見るか南東側で見るかで迷いました。
河原町御池の交差点は直角ではなく、少しゆがんでいます。
辻回しを見ることに絞れば南東側が良さそうでしたが、
向かってくる山鉾を遠目からも見るには北東側が良さそうでした。
そのため、河原町御池の北東側で見ることにしました。

天気が良くて日が差していれば、影ができてしまいます。
また、見ている時に直射日光が当たる場所なら暑くてしんどいです。
天気が良ければどこで見るかにそれら(影ができないか、暑くないかなど)も考慮しないといけませんが、
どんよりした曇り空でしたので、今回は考えなくて良かったです。

良い場所を確保するために、朝の4時半ころには現場に着きました。
一人だけ先に来ている方がいましたが、場所は選びたい放題でした。

2017年7月24日訪問、撮影です。


祇園祭(ぎおんまつり)の説明・見所・日時など


(※後日更新致します。
  なお、更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  また、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です