山鉾巡行 後祭 八幡山・南観音山・鈴鹿山


山鉾巡行 後祭 南観音山

2017年祇園祭の後祭の山鉾巡行(やまほこじゅんこう)です。

祇園祭は前祭(さきまつり)に続き、後祭(あとまつり)が行われます。
後祭の巡行では10基の山鉾が京都の街を巡ります。
規模は前祭の方が大きいですが、後祭にも豪華な山鉾、綺麗な山鉾、
個性的な山鉾、そして目玉の大船鉾などが登場します。

写真が多くなるため、巡行順に記事を以下①~③の3つに分けました。
①「橋弁慶山」「北観音山」「鯉山」「役行者山」
②「八幡山」「南観音山」「鈴鹿山」
③「浄妙山」「黒主山」「大船鉾」

こちらは②の『「八幡山(はちまんやま)」「南観音山(みなみかんのんやま)」
「鈴鹿山(すずかやま)」』の記事です。

前祭の23基に比べれば、後祭の10基はだいぶ少なく感じます。
実際少ないのですが、前祭の23基を体感した後ならば、なおさら少なく感じます。
ただし、少ない・少なく感じるというのは決して悪い意味ではありません。
確かに規模は小さいですが、十分に見ごたえはあります。
また、(おそらく敢えてですが)山鉾が間隔をあけて進んでくるので、一つずつをしっかり見ることができます。
見ている方も10基なので体力的に楽ですし、集中力も切れません。
同時進行で行われる花傘巡行ともうまいこと融合しています。

2017年7月24日訪問、撮影です。


祇園祭(ぎおんまつり)の説明・見所・日時など


(※後日更新致します。
  写真が大量に溜まっているため、大きく遅れます。更新目処も不明です。
  更新する以上に新しい写真が入ってくるため、どんどん遅れていってます。

  ご了承下さいませ。申し訳ございません。

  更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  なお、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です