龍源院 庭園 風情と趣きある多彩な枯山水と石庭

龍源院 庭園 風情と趣きある多彩な枯山水と石庭

京都市北区紫野大徳寺町の大徳寺塔頭の龍源院(りょうげんいん)の庭園などです。

龍源院には趣きや彩りの異なる複数の庭園があります。
方丈前の白砂に岩や苔を配した蓬莱式の石庭である「一枝坦(いっしだん)」、
方丈北の穏やかな苔に石組みなどを配した緑の枯山水庭園である「龍吟庭(りょうぎんてい)」、
書院南の軒先にある「阿吽の石庭」とも呼ばれる「滹沱底(こだてい)」、
そして方丈東にある滴とそこからの流れを表現した壺庭の「東滴壺(とうてきこ)」などが楽しめます。

龍源院は京都の有名な寺院や庭園に比べると知名度は低いですが、どの庭園も奥深く見ごたえがあります。

2018年7月8日訪問、撮影です。


龍源院(りょうげんいん)の説明・見所・アクセスなど


大徳寺(だいとくじ)の説明・見所・アクセスなど


広告



龍源院の表門です。緑につつまれた石の参道が続きます。
緑につつまれた石の参道が続く龍源院の表門

大徳寺塔頭寺院の龍源院(りょうげんいん)の説明

龍源院の「滹沱底(こだてい)」です。滹沱とは中国の河の名前だそうです。
龍源院の「滹沱底(こだてい)」

龍源院の滹沱底(こだてい)の説明

滹沱底は「阿吽の石庭(あうんのせきてい)」とも呼ばれます。
龍源院の「阿吽の石庭(あうんのせきてい)」

右上にあるのが滹沱底(阿吽の石庭)の「阿の石」です。
龍源院の滹沱底(阿吽の石庭)の阿の石

左にあるのが滹沱底(阿吽の石庭)の「吽の石」です。
龍源院の滹沱底(阿吽の石庭)の吽の石

控えめで上品な緑のそえられた阿吽の石庭です。
控えめで上品な緑のそえられた龍源院の阿吽の石庭

軒先にある小さいながらも奥深い石庭の滹沱底です。
軒先にある小さいながらも奥深い石庭の龍源院の滹沱底(こだてい)

方丈前石庭です。一見シンプルですが趣深い枯山水庭園です。
趣深い龍源院の方丈前石庭

龍源院の方丈前石庭(「一枝坦(いっしだん)」)の説明

龍源院の方丈前石庭は「一枝坦(いっしだん)」とも呼ばれます。
龍源院の「一枝坦(いっしだん)」

一枝坦はそびえる蓬莱山を中心に鶴島と亀島を浮かべた蓬莱式枯山水庭園です。
そびえる蓬莱山を中心に鶴島と亀島を浮かべた蓬莱式枯山水庭園の龍源院の一枝坦

中央の力強い岩は蓬莱山を現し、右の石組みは鶴島を現しています。
中央の力強い岩は蓬莱山を現し右の石組みは鶴島を現す龍源院方丈前庭園

左の岩の配された丸い苔は亀島を現しています。
左の岩の配された丸い苔は亀島を現す龍源院の方丈前庭園

波文様の入った白砂は広々とした大海原を現しています。
波文様の入った白砂は広々とした大海原を現す龍源院の方丈前庭園

いろんな場所から様々な見方のできる石庭です。
高画質 写真 石庭 龍源院

方丈西側から眺めた激しさを宿した一枝坦です。
龍源院の方丈西側から眺めた激しさを宿した一枝坦

上品で落ち着きの感じられる方丈前庭園です。
龍源院の上品で落ち着きの感じられる方丈前庭園

力強さの中にも穏やかさや優しさを感じさせる石庭です。
龍源院の力強さの中にも穏やかさや優しさを感じさせる方丈前石庭

方丈西側に佇む開祖堂です。
龍源院方丈西側に佇む開祖堂

杉の木などの緑に囲まれています。
杉の木などの緑に囲まれた龍源院の開祖堂

鮮やかな刈り込みが彩りをそえています。
鮮やかな緑の刈り込みが彩りをそえる龍源院の開祖堂

方丈北(方丈裏)の「龍吟庭(りょうぎんてい)」です。
龍源院の方丈北(方丈裏)の「龍吟庭(りょうぎんてい)」

龍源院の方丈裏の龍吟庭(りょうぎんてい)の説明

苔に覆われた緑の枯山水庭園です。
苔に覆われた緑の枯山水庭園の龍吟庭

苔の上には丸い刈り込みと28個の庭石が配されています。
苔の上に丸い刈り込みと28個の庭石が配される龍源院の龍吟庭

穏やかな苔は雄大な大海原を現すとされています。
穏やかな苔が雄大な大海原を現す龍源院の龍吟庭

様々な大きさや形をした石組みは陸地を現すとされています。
様々な大きさや形の石組みは陸地を現す龍源院の龍吟庭

中央の尖った岩が須弥山(しゅみせん)を現す須弥山式の枯山水とも言われます。
中央の尖った岩が須弥山(しゅみせん)を現す須弥山式の枯山水の龍吟庭

この龍吟庭は相阿弥作の庭園と伝えられています。
相阿弥作の庭園と伝えられる龍源院の方丈裏の龍吟庭

穏やかな海のようにも見えますし、苔のたくさんの小さな隆起が荒波のようにも見えます。
高画質 龍源院 庭園 写真

風情と彩りの見事な独特の庭園です。
風情と彩りの見事な独特の庭園である龍源院の龍吟庭

方丈東側にある坪庭(壺庭)の「東滴壺(とうてきこ)」です。
龍源院の方丈東側にある坪庭(壺庭)の「東滴壺(とうてきこ)」

龍源院の東滴壺(とうてきこ)の説明

格調高い絶品の坪庭です。
格調高い絶品の坪庭である龍源院の東滴壺

波紋は水が滴り落ちる様子を表現しています
波紋は水が滴り落ちる様を表現している龍源院の東滴壺

一滴の水が大河へと流れつながっていく様を現しているそうです。
一滴の水が大河へと流れつながっていく様を現す龍源院の東滴壺

この東滴壺は日本最小の石庭とも言われています。
日本最小の石庭と言われる龍源院の東滴壺

影がくっきりとできてしまう為、本来庭園には日は差して欲しくありません。
しかしこの東滴壺は例外です。見事な光と影の演出です。
見事な光と影の演出がなされる日の差した龍源院の東滴壺

龍源院の素晴らしい庭園と情景に感謝です。
龍源院の素晴らしい庭園と情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です