由岐神社 新緑 拝殿を通る参道と大杉と緑


由岐神社 新緑 拝殿を通る参道と大杉と緑

京都市左京区鞍馬本町にある由岐神社(ゆきじんじゃ)の新緑などです。

由岐神社は、鞍馬寺の鎮守社であり、鞍馬の火祭などでも知られます。

由岐神社の見所の一つは拝殿です。
神社には本殿の前に四角い拝殿がありますが、通常は右か左によけて横を通ります。
この由岐神社の拝殿は、左右二つに分けて真ん中を通す「割拝殿(わりはいでん)」という形式です。
また、山の斜面にそって建つ「懸造(かけづくり)」という形式でもあります。

鞍馬寺本堂(金堂)へ行く際は、仁王門付近から歩いて登るかケーブルカーで登るかです。
ケーブルカーで登るとこの由岐神社を通り過ぎてしまいます。
鞍馬寺へ行った際は、せっかくなのでこの由岐神社もあわせて拝観するのが良いでしょう。
仁王門付近からさほど距離はないため、ケーブルカーで登る場合でも少し歩けば行けます。

2017年5月17日訪問、撮影です。


鞍馬寺(くらまでら)・由岐神社(ゆきじんじゃ)の説明・見所・アクセスなど


広告



由岐神社の本殿です。
由岐神社の本殿

由岐神社の説明

由岐神社は、京都三大奇祭の一つである「鞍馬の火祭」でも知られています。
鞍馬の火祭で知られる由岐神社

由岐神社の大杉です。
樹齢は約800年、高さ(樹高)は約53メートルあります。京都市天然記念物に指定されています。
由岐神社の大杉

京都市天然記念物の「大杉」

鮮やかな緑、自然につつまれています。
Kyoto Yuki-jinja Shrine fresh green

由岐神社の鳥居と拝殿です。
由岐神社の鳥居と拝殿

由岐神社は鞍馬寺の鎮守社です。
火難除・子授安産・縁結び・病気平癒・厄除開運などのご利益があるとされています。
鞍馬寺の鎮守社の由岐神社(ゆきじんじゃ)

由岐神社の拝殿は、前方は鞍馬山の斜面に沿って建てられています。
山の斜面に沿って建つ「懸造(かけづくり)」という形式の拝殿です。
懸造(かけづくり)の拝殿

また、由岐神社の拝殿は、中央に参道(石段)が通っています。
拝殿を二室に分けた「割拝殿(わりはいでん)」という珍しい形式です。
割拝殿(わりはいでん)

拝殿の向こう側には大杉と綺麗な緑が見えています。
由岐神社の拝殿と大杉

後ろ(本殿側)から見た拝殿です。
由岐神社の拝殿

雄大でゆったりとした造りです。
雄大な由岐神社の拝殿

Kurama Yuki-jinja Shrine in Kyoto,Japan

鮮やかな緑につつまれています。
鮮やかな緑につつまれた由岐神社の拝殿

由岐神社の珍しい形式の拝殿

真ん中に参道が通って、左右二室に別れているのが良く分ります。
割拝殿 由岐神社

木の感じが何とも良く、風情や趣きがあります。
由岐神社の風情ある拝殿

由岐神社の立派な木造の拝殿

豊臣秀頼によって再建された珍しい桃山建築です。
豊臣秀頼再建の桃山建築の拝殿

斜面に沿って石段が降りていきます。
懸造 拝殿 由岐神社

この珍しい拝殿の真ん中の参道は誰でも通れます。いろんな意味で少し心配になることがあります。
絶対に守っていかないといけない重要な建造物だと思います。みんなで大切にしていきましょう。
由岐神社 懸造(かけづくり)

鞍馬寺へ行った際、ケーブルカーで鞍馬山を登ればだいぶ楽です。
「ケーブル普明殿(山門駅)」(下の駅)から「ケーブル多宝塔駅(山上駅)」(上の駅)までは直ぐに着きます。
しかし、ケーブルカーで登るとこの由岐神社を通過してしまいます。
鞍馬寺へ行ったことはあるが、まだ由岐神社をゆっくり見たことがない方がいれば、
(健康面など含め体が許す限り)是非一度歩いて登ってゆっくり見て欲しいと思います。
鞍馬山の由岐神社の拝殿


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です