花の寺の圧巻のピンクの彩り 善峯寺のサツキ

花の寺の圧巻のピンクの彩り 善峯寺のサツキ

京都市西京区大原野小塩町にある善峯寺(よしみねでら)の皐月(さつき)や新緑などです。

善峯寺は花の寺と呼ばれ、四季折々の花々や彩りが楽しめます。
春から初夏にかけてはサツキが見ごろを向かえ、広い境内がピンクにつつまれます。

写真が多くなるため、記事(遊龍の松、多宝塔、桂昌院廟、阿弥陀堂、青蓮の滝など)を分けました。
こちらは釈迦堂前、稲荷社前、薬師堂前、蓮華寿院旧跡庭などサツキの風景です。

釈迦堂前のサツキロール、薬師堂の一面に広がるピンクの絨毯など圧巻のサツキの情景が楽しめます。

2017年6月8日訪問、撮影です。


善峯寺(よしみねでら)の説明・見所・アクセスなど


広告



釈迦堂です。サツキの花がアクセントになっています。
サツキの花がアクセントになる善峯寺の釈迦堂

でも釈迦堂前のサツキで凄いのはこちらです。凄すぎます。
善峯寺の釈迦堂前の凄すぎるサツキ

圧巻の「サツキロール」です。
善峯寺の圧巻の「サツキロール」

花の溢れるお見事なピンクのサツキロールです。
花の溢れるお見事なピンクのサツキロール

ロール全体が豪快に咲き誇っています。
ロール全体が豪快に咲き誇る皐月

深い緑の青もみじや背景の山にも鮮やかなピンクのサツキが映えます。
深い緑の青もみじや背景の山に映える鮮やかなピンクのサツキ

若干青い葉(芽)が出ていますが見ごろ、満開です。
Kyoto Yoshimine-dera Temple azalea

釈迦堂前には手水舎もあります。絵になる春から初夏にかけての風景です。
絵になる春から初夏にかけての風景の釈迦堂前の手水舎とサツキ

手水舎越しのサツキです。鮮やかなピンクが浮かび上がります。
鮮やかなピンクが浮かび上がる手水舎越しのサツキ

見る場所や角度を変えるとサツキの雰囲気も少し変わってきます。
風情ある手水舎とサツキの情景です。
善峯寺の風情ある手水舎とサツキの情景

ここのサツキは天気の良い日も曇りや雨の日も楽しめます。
天気が良くて青空が出ていれば爽快な青空とサツキの景色を、
曇りや雨ならしっとりとして色濃いサツキの景色を見られます。
高画質 サツキロール 写真 善峯寺

ピンクのサツキを背景に落ちる水滴です。
善峯寺のピンクのサツキを背景に落ちる水滴

こんなに凄いのに人はあまりいません。時間帯によっては独り占めです。
時間帯によっては独り占めできる善峯寺の凄いサツキ

華やかな彩りが風情ある手水舎を演出します。
華やかな彩りに演出される善峯寺の風情ある手水舎

稲荷社の前から眺めたサツキロールです。
善峯寺の稲荷社前から眺めたサツキロール

緑の中で優雅に咲いています。どこから見ても凄いものは凄いです。
どこから見ても凄い緑の中で優雅に咲く善峯寺のサツキ

再び近くから見たサツキロールです。弾け飛ばんとばかりに花が咲き乱れています。
弾け飛ばんとばかりに花が咲き乱れるサツキロール

圧巻のサツキです。一面ピンクに彩られる初夏の善峯寺です。
圧巻のサツキで一面ピンクに彩られる初夏の善峯寺

奥は稲荷社、その先は薬師堂へと続いています。
その手前で左へ行けば阿弥陀堂へ続きます。
高画質 写真 善峯寺 サツキロール

稲荷社とサツキです。周囲は青もみじや緑におおわれています。
周囲は青もみじや緑におおわれる善峯寺の稲荷社のサツキ

美しい緑の中で鮮やかに輝くサツキです。
美しい緑の中で鮮やかに輝くサツキ

刈り込みの緑、サツキの花のピンク、鳥居の朱色のコントラストや色合いも綺麗です。
緑やピンクや朱色の綺麗なコントラストや色合い

散ったサツキの花も絶品です。風情の中に華やかさもあります。
風情の中に華やかさもある絶品の散ったサツキの花

池泉式庭園の蓮華寿院旧跡庭です。
背景は深い緑や青もみじ、手前は「サツキボール」です。
手前には「サツキボール」がある池泉式庭園の蓮華寿院旧跡庭

少し見ごろ過ぎの感がありますが、緑の中で華やかなサツキが映えます。
蓮華寿院旧跡庭の緑の中で映える華やかなサツキ

青い葉(新芽)がいっぱい出てしまっていますが、花もまだたくさん咲いています。
青い葉(新芽)がいっぱい出るも花もまだたくさん咲くさつき

少し惜しかったサツキボールです。もう少し早ければ綺麗なピンクのボールが見られたかも知れません。
しかし、阿弥陀堂前や遊龍の松などはちょうど見ごろ、釈迦堂前はほぼ見ごろでした。
境内全てが同時には見ごろにならないのかも知れません。
むしろそういった場合の方が多いです。これはサツキに限らずです。
毎日来て初めて完璧に全ての見ごろを見られるのだと思います。ただ当然それは現実的ではありません。
今回は凄いサツキがたくさん見られて当然大満足です。
凄いサツキがたくさん見られて大満足の善峯寺

まだまだ初夏の善峯寺のサツキは続きます。
Kyoto Yoshiminedera azalea and green

散りが入っていますが煌くピンクのサツキボールです。
散りが入るも煌くピンクのサツキボール

薬師堂前です。緑がピンクで染まっています。
ここも青い葉(新芽)が出て少し見ごろ過ぎの間があります。それでもまだまだ花は咲いています。
緑がピンクで染まる善峯寺の薬師堂

けいしょう殿前からの眺め(横からの眺め)です。
こっちも凄いです。一面がピンクになっています。
けいしょう殿から眺めた一面がピンクの凄い皐月と薬師堂

薬師堂正面の石段です。青い葉が少し出ていますが、まだまだ豪快に咲いています。
サツキがまだまだ豪快に咲く薬師堂前の石段

華やかなピンクにつつまれた薬師堂と風情ある石段と石畳です。
華やかなピンクにつつまれた薬師堂と風情ある石段と石畳

サツキのピンクの絨毯が出来上がっています。
出来上がるサツキのピンクの絨毯

横から見るとピンクの壁になっています。
横から見るとピンクの壁になっている善峯寺のさつき

色鮮やかなサツキの花が溢れ出しています。
溢れ出す色鮮やかなサツキの花

圧巻のサツキの名所です。名所と言っても人はまばらですが・・・。
人はまばらな圧巻のサツキの名所

いやぁ~、こんな光景は初めて見ました。
こんな場所、こんなことがあるんだなと感激しました。
こんな場所やこんな光景があるのだと感激する善峯寺のサツキ

薬師堂前から(上から)の眺めです。
右に見えているのはけいしょう殿です。
一面のサツキの向こうには京都市内、京都市街が見渡せます。
薬師堂前から眺めた一面のサツキとけいしょう殿と京都市街

善峯寺の素晴らしいサツキと春の情景に感謝です。
次回機会があれば、違う条件の時に来てみたいです。
今回は阿弥陀堂、遊龍の松などが一番の見ごろであり曇りの天候でした。
次回は蓮華寿院旧跡庭、薬師堂前、釈迦堂前が一番の見ごろで、爽快な青空が出ている時に来たいです。
善峯寺の素晴らしい満開のサツキと春の情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です