立本寺 庭園 青もみじと緑の美しい龍華苑


立本寺 庭園 青もみじと緑の美しい龍華苑

京都市上京区七本松通仁和寺街道上る一番町にある立本寺(りゅうほんじ)の青もみじや緑、庭園などです。

立本寺には、枯山水庭園の龍華苑(りゅうげえん)(龍華庭園)があります。
客殿の南と西に広がる枯山水庭園であり、白砂や苔でおおわれ、岩や石が配されています。
もみじやカエデなどもあり、美しい緑、風情ある緑を楽しめます。

また、南側には本堂があり、客殿と本堂が渡廊下でつながっています。
そこからもお庭を眺めることができます。

本日は10時ころに着きましたが、本堂付近には受付も見当たらず、特に開いている様子もありませんでした。
どこから入るのか分らず、本堂北側の手務所か玄関らしきところのインターホンを押してみました。
(実際インターホンを押すか、誰も出なければ電話するように記載がありました。)

そうするとお寺の方が出てこられ、丁寧に対応してくれました。
しかもお庭の掃除をしていたにも関わらず、ありがたいことに写真を撮る時はわざわざよけてくれました。
さらに帰り際にはおせんべいをくれました。しかも二つも。
また是非拝観したいと思います。

ちなみに蓮は小さな花がいくつか咲いているのみでした。
タイミングが合わなかったのか、時期が早すぎたのか分りませんが今回は撮りませんでした。

2017年6月29日訪問、撮影です。


立本寺(りゅうほんじ)の説明・見所・アクセスなど


広告



大玄関前です。苔や松などの鮮やかな緑につつまれています。
立本寺の大玄関

立本寺の枯山水庭園「龍華苑(りゅうげえん)」です。「龍華庭園」とも呼びます。
白砂に柔らかな緑の苔、築山に美しい岩、そして青もみじの素晴らしい庭園です。
立本寺の龍華苑(りゅうげえん)

龍華苑は客殿をかこむようにL字型になっています。こちらは客殿西側です。
少し影が入ってしまいましたが、見事な緑と白砂におおわれた庭園です。
立本寺の客殿西側の龍華庭園

白砂に緑の苔が映えます。鮮やかでもあり、柔らかな色合いでもある緑の苔です。
Beautiful garden of moss and white sand of Ryuhonji-Temple in Kyoto

客殿と本殿をつなぐ回廊です。両脇に庭園が見えており、何とも風情があります。
立本寺の客殿から本堂へ続く回廊

こちらは客殿南側の龍華苑です。
立本寺の客殿南側の龍華苑(りゅうげえん)

龍華苑は京都市の名勝に指定されています。正面には本堂が構えています。
同じ枯山水庭園、同じ龍華苑であっても、西側と南側は趣きが異なります。
枯山水庭園の京都市指定名勝の龍華苑(りゅうげえん)

西側は山の間を水が流れるような庭園でしたが、
南側は静かな止まった庭園、いわば湖のような庭園です。
異論もあると思いますが、それぞれの感じ方や見方があって良いと思います。
Japanese garden called Ryuge-en at Ryuhon-ji Temple in Kyoto

白砂と緑の美しいです。どこから見るかによっても趣きが異なります。
当然ながら団体の観光客はいません。穴場の庭園と言って良いでしょう。
白砂と緑の美しい立本寺の庭園

苔や緑も良く手入れされており綺麗です。
苔や緑につつまれた立本寺(りゅうほんじ)

素晴らしい庭園に感謝です。あと、お寺の方にも感謝です。
龍華苑と呼ばれる立本寺の美しい枯山水庭園


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です