乙訓寺 牡丹 京都の華やかな牡丹の名所


乙訓寺 牡丹 京都の華やかな牡丹の名所

京都府長岡京市今里にある乙訓寺(おとくにでら)の牡丹(ボタン)です。

乙訓寺は京都の牡丹の名所です。
「牡丹の寺」とも言われるそうです。

約2000株の色とりどりの華やかな牡丹の花が咲きます。

2016年4月24日訪問、撮影です。


乙訓寺(おとくにでら)の説明・見所・アクセスなど


広告



表門です。赤門とも言われるそうです。赤いからだと思います。
8時開門ですが、開門前の一番乗りでした。
京都の牡丹の名所の乙訓寺の表門

門を過ぎると両脇に牡丹の花がいっぱい咲いています。
乙訓寺 牡丹 名所 京都 牡丹の寺

牡丹 乙訓寺 京都 牡丹の寺 名所

ボタン おとくにでら 京都 牡丹の名所

紫やピンク、濃いピンク、白など色とりどりです。
京都の牡丹の寺の乙訓寺の華やかな牡丹の花

Kyoto Otokuni-dera Temple peony

牡丹 写真 高画質 乙訓寺 京都

華やかな牡丹につつまれた京都の乙訓寺

花がゴロンとして大きいです。
物凄い手入れされているのだと思います。
鮮やかなボタンにつつまれた京都の牡丹の寺の乙訓寺

満開の牡丹につつまれた京都長岡の乙訓寺

乙訓寺 牡丹 満開 春 京都 名所

花びらの大きいのや小さいの、丸い花びらやとがった花びらなど、
色だけでなく種類もたくさんあるようです。
牡丹の名所の京都の乙訓寺の満開のボタンの花

牡丹の寺と呼ばれる京都乙訓寺の見ごろのボタンの花

色とりどりのボタンの花につつまれた京都の乙訓寺

牡丹の参道を過ぎると境内が広がります。

末社の八幡社と付近の牡丹です。
京都の牡丹の寺の乙訓寺の八幡社

京都の乙訓寺(おとくにでら)の華やかな満開の牡丹の花

本堂と牡丹の花です。
京都の牡丹の名所の乙訓寺の本堂

黄色い牡丹もあります。
乙訓寺 本堂 牡丹 京都 名所 華やか

京都の牡丹の名所の乙訓寺の黄色い牡丹の花

大きな牡丹がいっぱいです。
おとくにでら ボタン 京都 春 名所

京都の牡丹の寺の乙訓寺のピンクの牡丹の花

京都の牡丹の名所の乙訓寺の和傘と牡丹

満開です。
ボタン 満開 乙訓寺 京都 名所 牡丹の寺

京都乙訓寺の本堂と華やかな満開の牡丹

十三重石塔や早良親王供養塔付近の牡丹です。この周りがメインの場所の様です。
京都の牡丹の寺の乙訓寺の十三重石塔

京都の牡丹の名所の乙訓寺の早良親王供養塔

和傘がさしてあり、それが独特の情景で良い感じです。
高画質 乙訓寺 写真 牡丹 京都

和傘 牡丹 乙訓寺 京都 牡丹の寺

早良親王供養塔 乙訓寺 牡丹 京都

牡丹は太陽が駄目なようです。だから和傘(日傘)をさしているようです。
調べてみると、牡丹の飼育場所は「日当たりが良く、直射日光の当たらない場所」とありました。
牡丹は結構ワガママです。
牡丹の名所の京都乙訓寺のボタンの花と和傘

peony Otokunidera-Temple Kyoto

右に見えているのは鐘楼で、奥が本堂です。
乙訓寺の境内は自然がいっぱいですが、場所は結構街中にあります。
京都の牡丹の寺の乙訓寺の十三重石塔と見事なボタンの花

高画質 牡丹 乙訓寺 画像 京都 春

牡丹の寺 京都 乙訓寺 名所 春 華やか

牡丹の名所 京都 乙訓寺 和傘 ボタン 華やか

「立てば芍薬、座れば牡丹・・・とはよく言ったものですね。たくさんの京美人に出会えました。」
(↑「そうだ京都、行こう」風に…)
京都の乙訓寺の白い和傘と色とりどりの牡丹の花

京都の牡丹の名所の乙訓寺(おとくにでら)

華やか 牡丹 京都 乙訓寺 名所 春

乙訓寺の牡丹には以前から来よう、来ようと思っていましたが、なかなか来られませんでした。
ようやく今年来られたので良かったです。
乙訓寺 牡丹 写真 高画質 京都 名所

京都の牡丹の名所の乙訓寺(おとくにでら)の見ごろのボタンの花

京都の牡丹の寺の乙訓寺の和傘と青空とボタン


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です