カキツバタの野生群落 大田神社の天然記念物


カキツバタの野生群落 大田神社の天然記念物

京都市北区上賀茂本山にある大田神社(おおたじんじゃ)の杜若(かきつばた)です。

大田神社は上賀茂神社の境外摂社です。
大田神社は杜若の名所であり、「大田ノ沢」カキツバタ群落には
約25,000株のカキツバタが自生しているとされています。

大田ノ沢のカキツバタ群落は平安時代から続く杜若の名所とされており、国の天然記念物にも指定されています。

しかし、ここ数年、鹿さんが杜若の花などを食べてしまい、花の数が激減していまっていました。
そこで周囲に柵を設けるなどして対策を講じているようです。
全盛期にはまだまだ及びませんが、その甲斐あって徐々に花の数も復活してきているようです。

そうは言っても正直なところ、見ごたえはいまいちの感がします。
没記事・没写真にしようか迷いましたが、せっかく行ったし、
また今後の復活を願って載せることにしました。

2017年5月14日訪問、撮影です。

広告



大田神社の説明です。
大田神社の説明

大田神社の杜若群落、杜若群生です。
一面に広がる大田神社の杜若

大田神社の杜若

全体的に咲き誇っているわけではありませんが、場所によっては結構咲いています。
杜若の名所の大田神社(おおたじんじゃ)

緑の中に紫の花が揺らめきます。
鮮やかな杜若の咲く大田神社

大田神社の紫の杜若

本来であればこの程度ではなく、一面が杜若の花で覆われているのでしょう。
iris Otajinja-Shrine in Kyoto,Japan

場所、角度によっては咲いています。華やかな春の色合いです。
大田神社の綺麗なカキツバタ

黄色い花と紫の杜若です。
大田神社の杜若と黄色い花

奥にはツツジが見えています。
大田神社の杜若群生

鹿の食害で花が激減したとのことですが、鹿さんが杜若の花を食べるのを知りませんでした。
それ以前に、鹿さんがここまでやってくることを知りませんでした。
いっぱい食べたようで、さぞ美味しかったのでしょう。
人が悪さをしたのなら許せませんが、鹿さんなら仕方ないでしょう。
鹿さんもお腹がすいていたのでしょう。
Kyoto Ota-jinja Shrine iris

鮮やかなツツジと華やかな杜若です。
大田神社の杜若とツツジ

これからもっともっと復活して、もっともっとたくさんの花を咲かせて欲しいです。
大田神社の華やかな杜若(カキツバタ)

同時に思ったのが、今あるものが今後もあるとは限らないと言うことです。
今日あるものは明日もあるとは限らず、今年あるものは来年もあるとは限りません。

いろんなものを今あるうちに見ておくことも重要だと思いました。

そして、今あるものは次もあるとは限らない。
今あるその時を大事にしなければならない、あるいは
今あるその時が最後の時だと思って見たり接したりしないといけないとも思いました。

一期一会ですね。
大田神社を彩る杜若


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です