しだれ桜とレトロ建築 京都府庁旧本館の春の彩り

しだれ桜とレトロ建築 京都府庁旧本館の春の彩り

京都市上京区薮ノ内町にある京都府庁旧本館(きょうとふちょうきゅうほんかん)の桜です。

京都府庁旧本館は隠れた桜の名所です。
中庭ではレトロな近代建築と桜のコラボを楽しめます。
また、2階の窓越しから眺める桜も良い雰囲気です。

例年、京都府庁旧本館は観桜祭として春の数日間公開されます。
しかし、今年は桜の開花が遅く観桜祭の期間には満開になりませんでした。

でも諦める必要はありません。
京都府庁旧本館の中庭などは、もともと一定の曜日や日にちを除き一般公開されています。
観桜祭は催しがあったり、この数日は曜日に関わらず公開されているだけです。
桜の満開にあわせて通常の一般公開の日に行きました。

ただし、前日から続いた好天が終わってしまい空が白くなってしまいました。
本来はスカッとした青空の下で見たかったです。

中庭中央のメインのしだれ桜はちょうど満開をむかえていました。
もう一本見ごろの木がありましたが、他の桜はまだまだ見ごろ前でした。

2017年4月5日訪問、撮影です。


京都府庁旧本館(きょうとふちょうきゅうほんかん)の説明・見所・アクセスなど


広告



中庭のしだれ桜が満開です。
京都府庁旧本館の中庭の満開のしだれ桜

レトロな建物を入れて色んな見方ができます。
レトロな建物をいれて色んな見方ができる桜

青空はもうなくなってしまいました。これから1週間ほど雨や曇りがずっと続きました。
それはさておき、絵になるレトロな建物と桜の風景です。
絵になるレトロな建物と桜の風景

思った以上に人はいましたが一瞬誰もいなくなりました。
ここは穴場かどうかは分りませんが、京都の他の有名な桜の名所と比べれば人は少ないです。
高画質 桜 京都府庁旧本館 画像

何となく欧州風の桜です。青空はなくなりましたが多少光は差していました。
多少光は差す何となく欧州風の桜

近代建築を背景にした繊細で可愛い花びらです。
近代建築を背景にした繊細で可愛い花びら

華やかです。幾分か蕾もありますが見ごろです。
幾分か蕾もあるも見ごろの華やかな桜

可愛い春色の桜が溢れています。
溢れる可愛い春色の桜

見事なしだれ桜です。レトロな建物と白い窓枠が桜を引き立てます。
レトロな建物と白い窓枠が引き立てる見事なしだれ桜

1階と2階の踊り場の窓越しの桜です。
1階と2階の踊り場の窓越しの桜

他にはあまりない近代建築と桜の独特の風景を楽しめます。
他にはあまりない近代建築と桜の独特の風景

窓いっぱいに広がる満開の桜です。
窓いっぱいに広がる満開の桜

2階から眺めた鮮やかな桜です。
2階から眺めた鮮やかな桜

窓越しに見ると雰囲気が変わります。
窓越しに見ると雰囲気が変わる京都府庁旧本館の桜

レトロ建築につつまれた溢れ出すピンクの桜です。
レトロ建築につつまれた溢れ出すピンクの桜

再び中央のしだれ桜です。2階から眺めるとまた違った見え方がします。
2階から眺めるとまた違った見え方がする中央のしだれ桜

よく分りませんが何となく王朝っぽい雰囲気もします。
何となく王朝っぽい雰囲気もする桜

2階の窓から少し見下ろした可憐な桜です。
2階の窓から少し見下ろした可憐な桜

ちなみにと言いますか、当然ながら無料で見られる桜です。
当然ながら無料で見られる京都府庁旧本館の桜

ここの桜の知名度はいかほどかは知りませんが、是非ともお勧めの桜です。
曜日にもよりますが、観桜祭の期間が終わっても自由に入れます。
今年に限らず満開の時期にあわせて行くのが良いと思います。
Kyoto Prefectural Government Old Main Building cherry blossoms

天候は残念でしたが京都府庁旧本館の素晴らしい桜と建物に感謝です。
いつになるか分りませんが、次は爽快な青空の時に来てみたいです。
京都府庁旧本館の素晴らしい桜と建物

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です