清水寺 青龍会(せいりゅうかい) 京都の東を守る龍の舞


清水寺 青龍会(せいりゅうかい) 京都の東を守る龍の舞

京都市東山区清水にある清水寺の青龍会(せいりゅうかい)の行道(ぎょうどう)です。

京都には東西南北に守護神がいて、東を守るのが青龍です。
その神様あるいは仏様の化身を祀り、拝む行事です。
行道とは巡り歩いたり、お坊さんがお経を読みながら歩くことらしいです。

年に5回だけ龍(青龍会の方たち)が清水寺の境内を巡ります。
3月14日、3月15日、4月3日(清水の日)、9月14日、9月15日の14時に開始されます。

西門前での観覧です。

2016年9月15日訪問、撮影です。


清水寺(きよみずでら)・青龍会(せいりゅうかい)の説明・見所・アクセスなど


広告



青龍会行道は14時開始で、清水寺境内を巡って西門へやってきます。
西門へ来るのはおおよそ14時半ころです。

1時間以上前から待っていました。自分は2番目で西門の真正面で待っていました。
しかし、だいぶ後から来た大きなカメラを持った数人のご高齢の方々が、平気で順番抜かしをしていきました。
悪びれたご様子もなく自分の真ん前に入って、視界が見事に遮られました。
あーだこーだ言うのは面倒なので仕方なく左へ移動しました。

そのため角度は少し斜めになりましたが、十分見える位置で楽しめました。
あの人生の大先輩の方々もお楽しみいただけたのだと思います。(とちょっと嫌味を言ってみる・・・。)
京都清水寺の青龍会(せいりゅうかい)行道

西門からぞくぞくと人が出てきます。それぞれの人に役割があるようです。
まずは「転法衆(てんぽうしゅう)」さんです。ほら貝を吹きます。
転法衆 てんぽうしゅう 青龍会 清水寺

清水寺の青龍会の転法衆(てんぽうしゅう)

「四天王(してんのう)」さんです。衣装がかっこいいです。
四天王 してんのう 青龍会 清水寺

「十六善神(じゅうろくぜんじん)」さんです。
十六善神 じゅうろくぜんじん 青龍会 清水寺

せいりゅうかい 清水寺 西門

「夜叉神(やしゃじん)」さんです。
夜叉神 やしゃじん 青龍会 清水寺

「会 奉行(えぶぎょう)」さんです。先に出てきた人たちは石段の脇に並んでいきます。
会 奉行 えぶぎょう 青龍会 清水寺

いよいよ「青龍(せいりゅう)」の登場です。
清水寺の西門の迫力ある青龍会

頭や胴体を振ったり回したりします。
Seiryu-Kai event at Kiyomizudera-Temple in Kyoto,Japan

写真 青龍会 高画質 清水寺

初めて観ましたが、これは素晴らしい。迫力もあります。
高画質 青龍会 写真 清水寺

清水寺の豪快な青龍会行道

胴体が意外にも滑らかです。
せいりゅうかい 清水寺 青龍会 迫力

石段を下りながら青龍が舞います。
青龍会行道 清水寺 西門 迫力

こちらへ向かってきます。
青龍会 写真 高画質 清水寺 龍の舞

西門の石段下の小さな広場のようなところで青龍が待機します。
清水寺の青龍会の観音様の化身の青龍(せいりゅう)

待っていた「会 奉行」さんや「夜叉神」さんが動き出します。
Seiryukai Kiyomizu-dera Temple in Kyoto,Japan

「夜叉神」さんが聖水のようなものをかけてくれます。
清水寺の青龍会の夜叉神(やしゃじん)

「四天王」さんも動き出します。
清水寺の青龍会の四天王(してんのう)

待機していた青龍が動き出します。後ろには鐘楼が見えています。
清水寺の迫力の青龍会行道

青龍が再び西門の石段へ戻って行きます。
Kyoto Kiyomizudera-Temple Seiryu-Kai

また石段に上って頭を振ったり胴体を回したりします。
西門 青龍会 清水寺 迫力

高画質 写真 青龍会 清水寺 迫力

先ほどより青龍の回転が多いです。
清水寺の西門の豪快な青龍の舞

舞が終わると石段を下りてきます。お顔のどアップが見られました。
青龍 迫力 清水寺 青龍会

お経のようなものがびっしりと書かれています。
青龍 せいりゅう 清水寺 青龍会 迫力

街の方へと進んで行きました。年に5回だけですが、日程が合えばまた見たいです。
龍衆 りゅうしゅう 青龍会 清水寺


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です