早咲きの紫のアヤメ 上御霊神社の一初と春の彩り

早咲きの紫のアヤメ 上御霊神社の一初と春の彩り

京都市上京区上御霊竪町にある上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)の一初(いちはつ)です。

上御霊神社は京都の一初(イチハツ)の名所です。
一初(イチハツ)は紫色をしたアヤメ科の花です。
アヤメ科の中で一番早くに咲くため、一初(いちはつ)と呼ばれるそうです。
春には境内や周囲(外堀)でたくさんの一初の花が楽しめます。

なお、上御霊神社は応仁の乱の勃発地としても有名です。

2015年5月3日訪問、撮影です。


上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)(御霊神社)の説明・見所・アクセスなど


広告



鳥居と西門です。深い緑につつまれています。
深い緑につつまれる上御霊神社の鳥居と西門

上御霊神社の説明

厳かな雰囲気の中に佇む西楼門です。
厳かな雰囲気の中に佇む上御霊神社の西楼門

上御霊神社は「応仁の乱」の勃発地としても有名です。
「応仁の乱」の勃発地として有名な上御霊神社

応仁の乱勃発地の説明

立派な構えをした本殿です。
立派な構えをした上御霊神社の本殿

本殿周りの鮮やかな新緑です。
上御霊神社の本殿周りの鮮やかな新緑

本殿前の満開のツツジです。
上御霊神社の本殿前の満開のツツジ

鮮やかな紫の花が溢れてこぼれ落ちそうになっています。
鮮やかな紫の花が溢れてこぼれ落ちそうになっているツツジ

境内の一初(いちはつ)です。華やかとも鮮やかとも言えそうな紫色の花をしています。
華やかとも鮮やかとも言えそうな紫色の花をした上御霊神社の境内の一初

イチハツはアヤメ科の中で一番早く咲くため一初(いちはつ)と言うそうです。
アヤメ科の中で一番早く咲くため一初(いちはつ)と呼ばれるイチハツ

緑の上で長閑に揺らめく一初の花です。
緑の上で長閑に揺らめく一初の花

一輪一輪の花は非常に繊細な造りです。
一輪一輪の花は非常に繊細な造りのイチハツ

花びら一枚一枚にも細かな模様が入っています。
花びら一枚一枚にも細かな模様が入ったイチハツ

境内の周囲は外堀のようになっており、その南側の塀沿いにたくさんの一初があります。
上御霊神社の境内の周囲の外堀の南側のイチハツ

溢れんばかりに咲き誇る満開のイチハツです。
上御霊神社の溢れんばかりに咲き誇る満開のイチハツ

妖艶な何とも言えない色合いをしています。
妖艶な何とも言えない色合いをしたイチハツの花

石橋から頭を覗かせる可愛いイチハツの花です。
石橋から頭を覗かせる可愛いイチハツの花

花によって色の濃さも微妙に違うようです。
花によって色の濃さも微妙に違う一初

緑の上で優雅に咲く薄紫の一初です。
緑の上で優雅に咲く薄紫の一初

鮮やかな赤いツツジの花と華やかなイチハツの花のコラボです。
上御霊神社の鮮やかな赤いツツジの花と華やかなイチハツの花のコラボ

上御霊神社は京都の一初の名所として知られています。
京都の一初の名所として知られる上御霊神社

風に揺らめく長閑なイチハツの花です。
風に揺らめく長閑なイチハツの花

独特の造りをした自然の芸術作品です。
独特の造りをした自然の芸術作品であるイチハツの花

華やかさの中にも風情を感じられるような花です。
華やかさの中にも風情を感じられるような一初の花

濃いめの色合いのイチハツです。
濃いめの色合いのイチハツ

複雑で繊細な造りに魅了されます。
複雑で繊細な造りの一初の花

色とりどりの春の彩りにつつまれる上御霊神社です。
色とりどりの春の彩りにつつまれる上御霊神社

上から眺めたイチハツの花です。また違った見え方がします。
また違った見え方がする上から眺めたイチハツの花

もみじの下で咲き誇る華やかなイチハツです。
もみじの下で咲き誇る華やかなイチハツ

上御霊神社の素晴らしい一初(いちはつ)と春の彩りに感謝です。
上御霊神社の素晴らしい一初(いちはつ)と春の彩り

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です