本満寺 牡丹 静かに咲き誇る大輪の花


本満寺 牡丹 静かに咲き誇る大輪の花

京都市上京区寺町通今出川上る二丁目鶴山町にある本満寺(ほんまんじ)の牡丹です。

本満寺と言えば美しいしだれ桜が一番有名ですが、牡丹の名所でもあります。
春を向かえしだれ桜が満開となり、その後八重桜が咲き、
八重桜が散りだすころに牡丹が咲き出し、見ごろをむかえます。

本満寺は境内のいろんな場所に牡丹が植えられています。
今年(2017年)は桜の開花が遅かったですが、その他の春の花も同じように遅いようです。
牡丹も4月下旬から5月初旬になってようやく見ごろを向えました。

本満寺の牡丹も以前に比べると有名になりましたが、まだまだしだれ桜ほどではありません。
あまり人もおらず、静かに大輪の牡丹を楽しめます。

2017年5月3日訪問、撮影です。


本満寺(ほんまんじ)の説明・見所・アクセスなど


(※後日更新致します。
  写真が大量に溜まっているため、大きく遅れます。更新目処も不明です。

  ご了承下さいませ。申し訳ございません。

  更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  なお、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です