瑞峯院 極上の庭園 荒波の独坐庭と静寂の閑眠庭

瑞峯院 極上の庭園 荒波の独坐庭と静寂の閑眠庭

京都市北区紫野大徳寺町にある大徳寺塔頭寺院の瑞峯院(ずいほういん)の庭園です。

瑞峯院には趣きの異なるいくつかの素晴らしい庭園があります。
力強い荒波と蓬莱山を象った「独坐庭(どくざてい)」(方丈前庭園)、
落ち着きや静寂の感じられる「閑眠庭(かんみんてい)」(方丈裏庭園)などが楽しめます。
また風情と彩りのある方丈東の坪庭やお茶室などもあります。

瑞峯院は京都の有名なお寺や庭園に比べると知名度は低いかも知れません。
しかしかなり見ごたえのある極上の庭園が楽しめます。

2018年7月8日訪問、撮影です。


瑞峯院(ずいほういん)の説明・見所・アクセスなど


大徳寺(だいとくじ)の説明・見所・アクセスなど


広告



山門です。奥に緑の生垣が見えています。
奥に緑の生垣が見える瑞峯院の山門

瑞峯院の説明

石畳の参道です。多種多様な植物や緑が配されています。
多種多様な植物や緑が配された瑞峯院の石畳の参道

方丈東の坪庭(中庭)です。シンプルな作りです。
シンプルな作りの瑞峯院の方丈東の坪庭(中庭)

キリシタン灯篭が置かれています。キリシタン灯篭は織部灯篭とも呼ばれます。
瑞峯院の織部灯篭とも呼ばれるキリシタン灯篭

桔梗の花が咲いています。
桔梗の花咲く瑞峯院の東の坪庭

風情と彩りの感じられる坪庭(中庭)です。
風情と彩りの感じられる瑞峯院の東の坪庭(中庭)

「閑眠庭(かんみんてい)」(方丈裏庭園)です。
瑞峯院の閑眠庭(かんみんてい)(方丈裏庭園)

瑞峯院の閑眠庭と安勝軒の説明

美しい波模様の白砂に石が配されています。傍らには桔梗が咲いています。
美しい波模様の白砂に石が配される閑眠庭

縦に4個、横に3個の合計7個の石で十字架を表現しています。
縦に4個と横に3個の合計7個の石で十字架を表現した閑眠庭

落ち着きと風情の感じられる見事な枯山水庭園です。
落ち着きと風情の感じられる見事な枯山水庭園の閑眠庭

周囲は苔などの緑で囲まれ、向かいにはお茶室の安勝軒があります。
周囲は苔などの緑で囲まれ向かいには茶室の安勝軒がある閑眠庭

静寂につつまれています。
静寂につつまれる瑞峯院の石庭の閑眠庭

瑞峯院の絶品の石庭です。
高画質 写真 閑眠庭 瑞峯院

お茶室の安勝軒です。
瑞峯院の茶室の安勝軒

「独坐庭(どくざてい)」(方丈前庭園)です。
瑞峯院の独坐庭(どくざてい)(方丈前庭園)

瑞峯院の独坐庭の説明

荒波の白砂と優しく力強い苔と岩の見事な枯山水庭園です。
荒波の白砂と優しく力強い苔と岩の見事な枯山水庭園である独坐庭

激しさの中にも穏やかさが感じられます。
激しさの中にも穏やかさが感じられる瑞峯院の独坐庭

向かって右側(西側)は穏やかな海へと続いているようです。
向かって右側(西側)は穏やかな海へ続いているような独坐庭

丸みを帯びた優しく穏やかな苔と綺麗な白砂です。
独坐庭の丸みを帯びた優しく穏やかな苔と綺麗な白砂

独坐庭の西側は柔らかな緑の苔につつまれており、お茶室へ続く飛び石が配されています。
柔らかな緑の苔につつまれ飛び石が配される独坐庭の西側

お茶室の餘慶庵(よけい庵)です。
瑞峯院の茶室の餘慶庵(よけい庵)

苔と飛び石の風情ある露地庭です。
露地庭とはお茶室を取り囲む庭園、お茶室へ行く途中のお庭のことです。
瑞峯院の苔と飛び石の風情ある露地庭

再び方丈正面の独坐庭です。日が当たると雰囲気が変わります。
日が当たって雰囲気が変わる瑞峯院の独坐庭

荒波や苦境に負けない力強さが感じられます。
荒波や苦境に負けない力強さを感じられる瑞峯院の独坐庭

どこからどう見るかによってかなり趣きや雰囲気が異なってきます。
高画質 写真 独坐庭 瑞峯院

庭園の前からの眺めです。前と言えば良いのか正面と言えば良いのか分かりませんが・・・。
前から眺めた大徳寺塔頭瑞峯院の独坐庭

力強さの向こうには穏やかさがあります。
瑞峯院 庭園 高画質 写真

苔や岩の築山は雄大な蓬莱山を表現しているそうです。
苔や岩の築山は雄大な蓬莱山を表現している独坐庭

白砂の美しすぎる丸い波模様です。良く手入れされています。
良く手入れされた瑞峯院の白砂の美しすぎる丸い波模様

先端は龍の頭のようにも見えます。
龍の頭のようにも見える独坐庭の先端

瑞峯院の極上の石庭です。
瑞峯院の極上の石庭

瑞峯院の素晴らしい庭園と情景に感謝です。
瑞峯院の素晴らしい庭園と情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です