醍醐寺 紅葉と水鏡 真っ赤にそまる京都の紅葉名所


醍醐寺 紅葉と水鏡 真っ赤にそまる京都の紅葉名所

京都市伏見区醍醐東大路町にある醍醐寺(だいごじ)の紅葉です。

醍醐寺は京都の紅葉の名所であり、弁天堂では紅葉の水鏡が見られることでも知られます。

今回醍醐寺に行くかどうかはかなり悩みました。
前日の午前中くらいまでは、当日(今日)は物凄い晴れ予報でした。
醍醐寺は水鏡が綺麗ですが、周りを高い木に囲まれているため、朝一に晴れていると影ができてしまいます。
お昼くらいには影はなくなるはずですが、そのころは人でいっぱいです。

朝一に影のできない日、つまり曇りの日にできれば行きたかったです。
晴れすぎていると醍醐寺は今回はパスしようと思っていました。
なお、雨は水鏡が割れるため好ましくありません。

しかし、その後天気予報が変わり、当日(今日)は曇り予報になりました。
そのため予定を変えて醍醐寺へ向かいました。

着くと物凄い晴れです。もちろんクッキリ影もできてしまっています。
しかし、その状態でも天気予報は曇りになっています。

曇りになるのを待っていると、だんだんと人が増えてきました。
せっかく来たので写真を撮らないわけにはいかないので、
その状態(晴れて影ができる状態)で撮りました。

その分はやっぱり自分としては少し悔やまれます。
ただ、日差しが弱くなる時間帯が少しだけあり、その隙に何枚かは撮れました。
その分は多少良い感じにはなったかも知れません。

2011年11月17日訪問、撮影です。


醍醐寺の説明・見所・アクセスなど


(後日更新致します。
 これから写真がどんどん溜まっていくので、いつ更新できるか分りません。
 申し訳ございません。

 ブログ更新はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスでお知らせしています。
 なお、現在インスタグラムが一番早い写真更新です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です