相国寺 蓮 水辺に華やぐ上品な蓮の花


相国寺 蓮 水辺に華やぐ上品な蓮の花

京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町にある相国寺(しょうこくじ)の蓮(ハス)の花です。

相国寺は相国寺自体よりも境外塔頭である金閣寺と銀閣寺が有名です。
金閣寺と銀閣寺はこの相国寺の塔頭ですが、あまり知られていません。
もちろん知っている方は知っていますが・・・。

その相国寺では、夏には勅使門前の放生池で蓮の花が咲きます。
多くの品種があり、ピンクや白の華やかな蓮の花、
池にかかる天界橋と蓮の花などいろいろな蓮の花が楽しめます。
豪快に咲き誇ると言うより、上品に咲く蓮の華が多いです。

1回目に行った時はパラパラ咲きでした。蕾も多く全体的に咲き始めのようでした。
その為、後日再度行きました。しかし、またもやパラパラ咲きでした。
蕾もあまり残っていなかったため、終盤にさしかかっていたようです。
蓮の花は順番に咲くため、一斉に咲きそろうことはあまりありませんが、
どうもタイミングを外してしまったようです。
1回目と2回目の間は1週間ありましたが、この期間中にピークをむかえていたようです。
蓮の見ごろ時期は難しいです。いつしか最盛期のころにも行ってみたいです。

なお、お庭は普段は非公開です。定期的に特別公開がされており、その際に拝観可能です。

2017年7月2日および7月9日訪問、撮影です。 

(※後日更新致します。
  写真が大量に溜まっているため、大きく遅れます。更新目処も不明です。
  更新する以上に新しい写真が入ってくるため、どんどん遅れていってます。

  ご了承下さいませ。申し訳ございません。

  更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  なお、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です