本法寺 蓮 巴の庭を彩る華やかな蓮の花


本法寺 蓮 巴の庭を彩る華やかな蓮の花

京都市上京区小川通寺之内上る本法寺前町にある本法寺(ほんぽうじ)の巴の庭の蓮(ハス)の花などです。

名勝庭園の「巴の庭(ともえのにわ)」は、本阿弥光悦作の枯山水庭園です。
地面は苔で覆われ、岩や石が配されています。背景はもみじなどの木々や緑です。
その枯山水庭園に(枯山水庭園なのに)中央付近に蓮池があります。

初夏になれば緑の蓮の葉が育ち、その後夏にかけて蓮の花が咲きます。
何とも独特で珍しい形式の名庭です。
蓮の花が咲くと、深い緑で覆われていたお庭に華やかなアクセントがつきます。

小さな蓮池なので、蓮の数(蓮の花の数)も限られています。
見ごろ時期が難しいですが、白とピンクの花が咲いていました。
咲いているのは二つの花ですが、とても貴重な二つの花です。

2017年7月9日訪問、撮影です。

(※後日更新致します。
  写真が大量に溜まっているため、大きく遅れます。更新目処も不明です。
  更新する以上に新しい写真が入ってくるため、どんどん遅れていってます。

  ご了承下さいませ。申し訳ございません。

  更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  なお、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です