かき氷 宇治ミルク 栖園 夏の極上の風味と味わい


かき氷 宇治ミルク 栖園 夏の極上の風味と味わい

京都市中京区六角通高倉東入る南側堀之上町にある甘味処「栖園(せいえん)」さんです。
栖園さんは京都の人気の甘味処、話題の甘味処です。

2016年7月14日訪問、撮影です。

素晴らしい京町家の店構えと外観です。
素晴らしい京町家の店構えと外観の栖園(せいえん)

広告



綺麗な店内です。入った時は他のお客さんがいましたが、出る時は自分ひとりでした。
栖園の綺麗な店内

上品で落ち着いた雰囲気の内観です。
栖園の上品で落ち着いた雰囲気の内観

風情ある中庭です。夏なので緑がいっぱいです。
緑がいっぱいの夏の風情ある栖園の中庭

栖園さんの夏のメニューです。
栖園さんの夏のメニュー

「栗ぜんざい お休み」というのが何とも和みます。字もとても綺麗です。
栖園の字が綺麗で和むメニュー

今日は琥珀流しではなく、かき氷をいただきました。

「かき氷 宇治ミルク」(税込700円)を注文です。

しばらくすると登場です。
栖園の「かき氷 宇治ミルク」(税込700円)

かなりのボリュームがあります。見事なかき氷です。
かなりのボリュームがある見事な栖園の宇治ミルクのかき氷

既に十分味がついていますが、お好みで抹茶とミルクのシロップをつけたすようです。
かける前と後で食べ比べてみるのが良いと思います。
抹茶とミルクのシロップをつけたす宇治ミルクのかき氷

見た目は何となくザクザクの氷のようですが、食べてみるとふわふわサクサクの氷で柔らかいです。
ふわふわサクサクの柔らかい宇治ミルク味のかき氷

抹茶とミルクのシロップをかけると当然風味と味わいが変わります。
苦味と甘みが絶妙に調和しています。シロップをかける前もかけた後もどちらも美味しいです。
苦味と甘みが絶妙に調和した抹茶とミルクのシロップをかけて食べるかき氷

白玉も三つ乗っています。
白玉は硬くなってしまうので早めに食べた方が良いと思います。
宇治ミルクのかき氷についてくる白玉

甘すぎずサッパリしていますが、同時にしっかりした味わいです。
夏の極上の風味と味わいのかき氷です。
甘すぎずさっぱりした夏の極上の風味と味わいのかき氷

美味しくいただけましたし、一気に涼しくなりました。
栖園さんは琥珀流しだけではなく、他のメニューも美味しいです。今度は別の味も食べてみたいです。
高画質 写真 宇治ミルク 栖園 かき氷


広告

  

コメント

  1. 美味しそう。
    私、まだ、今年、かき氷って食べてないのよねー。
    宇治ミルク味って本当に美味しそうね。ここは、本格的なかき氷屋さんなのねー。

    1. ここはかき氷以外にもいろいろあります。
      一番有名なのは「琥珀流し」っている寒天ゼリーです。
      かき氷ももちろん美味しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です