大谷本廟 蓮と青もみじ ピンクと緑の水辺の彩り

大谷本廟 蓮と青もみじ ピンクと緑の水辺の彩り

京都市東山区五条橋東6丁目にある大谷本廟(おおたにほんびょう)の蓮(ハス)の花です。

大谷本廟には、西側の入口(東大路通沿い)に「皓月池(こうげついけ)」があります。
そしてそこには「円通橋(えんつうきょう)」、通称「めがね橋」が架かっています。
皓月池は蓮の名所であり、初夏から夏にかけてピンクの華やかな蓮の花が咲きます。
円通橋からは蓮の花と葉を見下ろすことができ、緑とピンクの彩りや円い蓮の葉を楽しめます。
また、この時期は青もみじも美しく、青もみじと蓮のコラボも見られます。

今年(2017年)は、見ごろ時期にあわせて3回行きました。

なお、大谷本廟は、2000年前から受け継がれてきたとされる「古代の蓮(こだいのはす)」も有名です。
写真が多くなるため、今回は「古代の蓮」の花は記事を分けました。

2017年7月7日、7月9日および7月13日訪問、撮影です。

広告



2017年7月7日分です。

円通橋(めがね橋)と青もみじです。落ち着きと風情が感じられます。
落ち着きと風情が感じられる大谷本廟の円通橋(めがね橋)と青もみじ

蓮池の「皓月池(こうげついけ)」です。円通橋から見下ろせます。
蓮の花はまだまだ咲き始めです。ただ、それはそれとして緑が美しいです。
大谷本廟の円通橋から見下ろす緑が美しい皓月池(こうげついけ)

青もみじと蓮の花です。散った花びらも趣きがあります。
大谷本廟の池の青もみじと蓮の花と趣きある散った花びら

蓮の葉の深い緑の中で鮮やかなピンクの花が映えます。
大谷本廟の池の蓮の葉の深い緑の中で映える鮮やかなピンクの花

華やかな蓮の葉が浮かび上がるようです。
大谷本廟の浮かび上がる鮮やかな蓮の花

7月9日分です。

総門付近の青もみじと燈籠です。今日も燈籠が大活躍です。
大谷本廟の総門付近の青もみじと燈籠

皓月池の青もみじです。素晴らしい緑の世界です。
大谷本廟の蓮池の青もみじの素晴らしい緑の世界

蓮の花も少しずつ開花が進んでいます。蓮の花も綺麗ですが丸い蓮の葉も綺麗です。
大谷本廟(おおたにほんびょう)の綺麗な丸い蓮の葉と花

コントラストを強めにすると、暗闇で静かに咲く蓮の花へと雰囲気が変わります。
コントラスト強めの暗闇で静かに咲く蓮の花

7月13日分です。

円通橋と皓月池と蓮です。上からではなく横からの眺めです。
大谷本廟の横から眺めた円通橋と皓月池と蓮

蓮の花の開花も進み、満開・見ごろをむかえています。
大谷本廟の満開の蓮の花

美しい緑の中で幻想的なピンクの蓮の花が揺らめきます。
大谷本廟の美しい緑の中で揺らめく幻想的なピンクの蓮の花

蓮の葉や青もみじの深い緑が華やかな花を引き立てます。
大谷本廟の華やかな花を引き立てる蓮の葉や青もみじの深い緑

幻想的な夏の光景です。
大谷本廟の幻想的な夏の光景

大谷本廟の蓮は、先に仏殿前の古代の蓮が見ごろをむかえ、その後に皓月池の蓮が見ごろをむかえます。
Lotus flower and blue maple of Otani-Honbyo Mausoleum in Kyoto,Japan

上から眺めた皓月池です。鮮やかな緑の中にピンクが散りばめられています。
大谷本廟の蓮池の皓月池(こうげついけ)の散りばめられたピンクのハスの花

青もみじと蓮のコラボです。こんな光景もあるんだなぁと感心します。
感心する大谷本廟の青もみじと蓮のコラボ

大谷本廟は「西大谷」とも呼ばれます。
大谷本廟は、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の宗祖である親鸞(しんらん)のお墓です。
浄土真宗本願寺派(西本願寺)の宗祖である親鸞(しんらん)のお墓の大谷本廟(西大谷)の蓮池

大谷本廟は蓮の名所として有名なのかどうかは良く知りません。
京都の代表的な蓮の名所といえば、三室戸寺や法金剛院、東寺などが挙げられます(当然他にもあります)。
それらのお寺や名所に比べれば知名度は低いと思います。ただ、一般的に知名度が低いかと言えば分りません。
Lotus pond in Otani-Honbyo-Mausoleum in Kyoto,Japan

大谷本廟が京都の蓮の名所なのか、あるいはいわゆる隠れた名所や穴場なのかは難しいです。
蓮の名所の大谷本廟(おおたにほんびょう)

私が行った時は、早朝であったこともあり人はまばらでした。
まばらと言うか、タイミングによっては独り占めでした。
もしかすると9時ころからは人が増えてくるのかも知れません。
高画質 写真 大谷本廟 蓮

蓮は午後には花を閉じてしまいます。
種類や場所にもよりますが、一番の見ごろの時間帯は午前6時から9時ころです。
10時や11時ころから人がたくさん来ても一番の見ごろは過ぎています。
そもそも人がたくさん来るのかも分りません。
やはり蓮の隠れた名所、穴場のような気がします。
もちろん知っている人は知っていますが。一般的な意味で隠れた名所、穴場なのでしょう。
午後には花を閉じる蓮の穴場の大谷本廟

石橋の欄干から眺めた蓮の花と青もみじです。
大谷本廟の石橋の欄干から眺めた蓮の花と青もみじ

非常に絵になる蓮の花、蓮の風景です。
大谷本廟のめがね橋から眺めた非常に絵になる蓮の花

見事な丸い蓮の葉と美しい大輪です。
見事な丸い蓮の葉と美しい蓮の大輪

少し分りづらいですがトンボさんも休憩しています。
大谷本廟のハスの花と休憩するトンボ

鮮やかな青もみじと華やかな蓮の花です。しかも上から見下ろせる大谷本廟の独特の情景です。
大谷本廟独特の上から見下ろせる鮮やかな青もみじと華やかな蓮の花

青もみじの美しさも絶品です。美しすぎる緑です。
大谷本廟の美しすぎる緑の絶品の青もみじ

緑の中でピンクがアクセントになります。
緑の中でアクセントになるピンクのハスの花

奥行きのある深い緑と華やかな蓮の花です。
奥行きのある深い緑と華やかな蓮の花

岩を入れるとこれまた雰囲気が変わります。
雰囲気の変わる大谷本廟の池のハスと岩

青もみじと蓮の葉が花の美しさを際立てます。極上の蓮の風景です。
青もみじと葉が美しさを引き立てる大谷本廟の極上の蓮

青もみじの間から見える美しすぎる蓮の花です。水面の煌き綺麗です。
青もみじの間に咲く美しすぎる蓮の花と煌く水面

池の蓮、青もみじ、岩、水面の煌き…、全て取り込んでみました。贅沢な夏の風景です。
大谷本廟の池の蓮と青もみじと岩と水面の煌きの贅沢な夏の風景

蓮の花は何となくふわふわしていて、夢の中のような気分にさせてくれます。
夢の中のような気分になる何となくふわふわしている蓮の花

三日通った甲斐がありました。天気も晴れすぎず曇りで良かったです。
Gorgeous lotus flowers blooming in the green of the blue maple of Otani-Honbyo-Mausoleum in Kyoto,Japan

大谷本廟の素晴らしい蓮と青もみじや夏の情景に感謝、感謝です。
大谷本廟の素晴らしい蓮と青もみじや夏の情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です