大谷本廟 ハスの花 受け継がれる古代の蓮


大谷本廟 ハスの花 受け継がれる古代の蓮

京都市東山区五条橋東6丁目にある大谷本廟(おおたにほんびょう)の蓮(ハス)の花です。

大谷本廟は、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の宗祖である親鸞(しんらん)の墓所です。
通称は「西大谷」と呼ばれます。

大谷本廟には、仏殿前(仏殿、鐘楼、二天門の間)に『古代の蓮(こだいのはす)』と呼ばれる蓮があります。
この蓮(大賀蓮)は、二千数百年前の一粒の種から開花させたものを貰い受けて育てられたとされます。
淡いピンク色の上品で美しい蓮の花です。
また、古代の蓮は、背景に鐘楼や二天門も入り、独特の絵になる風景も楽しめます。

見ごろ時期にあわせて今年(2017年)は3回行きました。

なお、大谷本廟には、西の入口に「皓月池」と「円通橋」があり、そこでも蓮が見られます。
写真が多くなるため、「皓月池」と「円通橋」の蓮は記事を分けました。

2017年7月7日、7月9日および7月13日訪問、撮影です。

広告



2017年7月7日分です。

円通橋と総門です。円通橋は通称めがね橋と呼ばれます。
大谷本廟の円通橋(めがね橋)と総門

大谷本廟の案内看板

総門と石段です。
大谷本廟の総門と石段

仏殿です。横の松も立派です。
大谷本廟の仏殿

二天門と蓮です。
大谷本廟の蓮と二天門

古代の蓮(大賀蓮)の説明

「古代の蓮」です。
大谷本廟の古代の蓮

古代の蓮は大賀蓮(おおがはす)という種類です。
この「大賀」と言うのは、蓮博士と言われた人の名前からきています。
大谷本廟の大賀蓮(おおがはす)

華やかなピンク色の蓮の花です。
華やかなピンクの蓮の花

少し恥ずかしそうな蓮の花です。
早朝のため、まだ開ききっていないのでしょうか。それとも本当に恥ずかしいのでしょうか。
恥ずかしそうな蓮の花

花びら一つ一つは物凄い繊細なつくりです。
ハスの繊細な花びら

全体的にはバラつきがありますが、この花は見事に咲き誇っています。満開です。
咲き誇る満開のハスの花

鐘楼と蓮です。
大谷本廟の鐘楼と蓮

7月9日分です。

総門です。奥に仏殿が見えています。
大谷本廟の総門

前回(7月7日)より少し開花が進んでいました。
鐘楼と古代の蓮

大谷本廟は「西大谷」とも呼ばれます。
西大谷の蓮の花

緑にピンクの蓮の花が映えます。
緑に映えるピンクのハスの花

蓮の葉も綺麗です。蓮の花は、蓮の葉があってこそ美しい花でもあります。
美しい緑の蓮の葉

たくさんの花や蕾につつまれています。
Otani-Honbyo-Mausoleum in Kyoto, the lotus sightseeing spot

花がまだ開ききっていない蓮です。
開いている途中のはすの花

まだまだ開花が進みそうな様子です。
蓮の花につつまれた大谷本廟(おおたにほんびょう)

7月13日分です。

二天門と古代の蓮です。独特の絵になる蓮の風景です。
二天門と古代の蓮

二天門の下から眺めた鐘楼と蓮です。
大谷本廟の二天門から眺めた古代の蓮と鐘楼

蓮と鐘楼です。
だいぶ開花が進んでいます。順番に咲くので、一気に全ての花が咲くことはありません。
大谷本廟の鐘楼と蓮

華やかな色合いです。緑とピンクのコントラストも綺麗です。
ハスの緑とピンクのコントラスト

鮮やかな立派な蓮の花です。
鮮やかな蓮の花

葉っぱに隠れるように咲いています。この蓮の花も恥ずかしがり屋さんです。
恥ずかしがり屋さんのハスの花

背景に鐘楼が入る大谷本廟独特の蓮の風景です。
Lotus flower that Otani-Honbyo-Mausoleum was passed down

こちらは二天門を背景にした蓮の風景です。
ハスの花にそまった夏の大谷本廟(おおたにほんびょう)

満開、見ごろです。蕾もまだあるので、もうしばらく見ごろが続きそうです。
満開の蓮の花につつまれた大谷本廟

仏殿と蓮の花です。
大谷本廟の蓮の花と仏殿

桃みたいな可愛い蓮の花です。
桃のような可愛い蓮の花

散った花びらも風情があります。上も下も美しいです。
美しい蓮の花と風情ある散った花びら

天に向かって咲いています。背景の二天門も良い感じです。
大谷本廟の天に向かって咲く蓮の花と二天門

ほんのりと光る鮮やかなピンクの蓮の花です。仏殿や松とも良く合います。
大谷本廟の仏殿とハスの花

素晴らしい古代の蓮と夏の情景に感謝、感謝です。
古代の蓮と大谷本廟の夏の情景


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です