大原野神社 千眼桜 三日で散る幻の桜

大原野神社 千眼桜 三日で散る幻の桜

京都市西京区大原野南春日町にある大原野神社(おおはらのじんじゃ)の千眼桜(せんがんざくら)です。

大原野神社には春には大きな華やかな白い花を咲かせる千眼桜があります。
千眼桜は満開をむかえてから3日で散ってしまうと言われています。
そのため幻の桜とも言われます。

ちょうど満開をむかえた咲き誇る千眼桜です。

2014年4月10日訪問、撮影です。


大原野神社(おおはらのじんじゃ)の説明・見所・アクセスなど


広告



一ノ鳥居です。ここから石段が続きます。
大原野神社の石段が続く一ノ鳥居

大原野神社の説明

鯉沢の池と若宮社です。少しですが桜が華やかな彩りをつけています。
桜が華やかな彩りをつける鯉沢の池と若宮社

参道から眺めた三ノ鳥居や奥に見える本殿です。
参道から眺めた三ノ鳥居や奥に見える本殿

本殿です。
大原野神社の本殿

狛鹿さんが見守ります。
大原野神社の見守る狛鹿さん

雄と雌の狛鹿さんがいます。
雄と雌がいる狛鹿さん

千眼桜(せんがんざくら)です。
大原野神社の千眼桜(せんがんざくら)

千眼桜の立て札

ちょうど満開、見ごろです。
ちょうど満開の千眼桜

千眼桜は満開をむかえてから3日ほどで散るため幻の桜とも言われます。
満開をむかえてから3日ほどで散るため幻の桜と言われる千眼桜

横に大きく広がった形をしています。
横に大きく広がった形をした千眼桜

コロンとした花をいっぱいつけています。
コロンとした花をいっぱいつけた千眼桜

地面に付くほど枝垂れても咲いています。
地面に付くほど枝垂れても咲く桜

華やかな大きな花がいっぱい咲いています。
華やかな大きな花がいっぱい咲く桜

遠めで見るのと近くで見るのとで雰囲気がかなり違います。
高画質 写真 千眼桜 大原野神社

近くで見るとほんのり可愛い桜の花です。
近くで見るとほんのり可愛い桜の花

見る場所によってはいろんな物に見えてきます。動物のようにも宇宙船のようにも見えます。
動物のようにも宇宙船のようにも見える千眼桜

葉が出る種類の桜のようです。
葉が出る種類の千眼桜

真っ白の花から淡いピンク、薄いピンクの花まで咲いています。
真っ白の花から淡いピンクや薄いピンクの花まで咲く千眼桜

満開の花で溢れています。
高画質 大原野神社 桜 写真

人は誰もいません。満開の幻の桜を独り占めです。
人は誰もおらず独り占めする満開の幻の桜

本当に3日で散ってしまうのか、3日後に来てみたいですがそんな余裕はありません。
大原野神社の3日で散る幻の桜

上から下まで咲き乱れています。
上から下まで咲き乱れる幻の桜

弾け飛びそうなくらいの満開です。
弾け飛びそうなくらいの満開の幻の桜

大原野神社の素晴らしい千眼桜と春の情景に感謝です。
大原野神社の素晴らしい千眼桜と春の情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です