南丹市花火大会 大堰川を彩る色とりどりの花火


南丹市花火大会 大堰川を彩る色とりどりの花火

京都府南丹市八木町で開催される南丹市花火大会です。

大堰川(桂川)沿いの大堰橋南側(南東側)の河川敷、大堰川緑地公園付近から花火が打ち上げられます。
5000発の花火で規模は中規模ですが、地域密着の多彩な花火、豪快な花火が楽しめます。
また同時にとうろう流しなども行われます。

以前は「やぎの花火大会」という名称でしたが、
2006年の市町村合併などにより「南丹市花火大会」に名称が変わっています。
今回は2017年の第71回 京都 南丹市花火大会の様子です。

どこで撮った花火大会かが分るように、大堰橋を入れました。
そのため、少し遠目からの打ち上げ花火です。

2017年8月14日訪問、撮影です。

広告



本番前の偉い人たちの挨拶後の打ち上げ花火です。試し打ちみたいな感じです。
南丹市の打ち上げ花火

空の色が葵色・紺色です。本番が始まるころには真っ暗になりました。
空が葵色の打ち上げ花火

本番が始まりました。
南丹市花火大会

南丹市の豪華な花火

豪華、色とりどりの花火が上ります。
南丹市の大堰橋と打ち上げ花火

南丹市の豪快な花火大会

大堰橋と打ち上げ花火です。
打ち上げ花火と大堰川

大堰橋と色とりどりの花火

早めに行ったので、打ち上げ場のほぼ真正面の場所も取ることができましたが、
大堰川と大堰橋を入れたかったので、遠目のこの位置にしました。
Multi-color fireworks in Nantan city of Kyoto

色鮮やかな南丹市の花火

花火会場は、大堰川と大堰橋によって大きく4つのブロックに分かれています。
南丹市の鮮やかな花火

色とりどりの南丹市花火大会

大堰橋の南東側が打上げ場となっています。
大堰川緑地公園付近です。この区域は花火の日は立ち入り出来ません。
南丹市の夜空をそめる花火

森の京都の花火大会

大堰橋の南西側がその正面です。一番迫力がある花火が見られる場所です。
500円の有料観覧席になっています。それ以上高い特別な有料席もあります。
地域密着型の南丹市花火大会

夜空を焦がす南丹市花火大会

大堰橋の北西側は、少し距離がありますが大堰橋を入れての打上げ花火が見られます。
ここも500円の有料観覧席です。今回はこの場所にて楽しみました。
Gorgeous fireworks festival in Nantan City, Kyoto

水鏡が綺麗な南丹市花火大会

大堰橋の北東側は河川敷になっており、屋台も多く出ています。
川や橋は入りませんが、高い建物がないため十分花火は楽しめる場所だと思われます。
このあたりは無料で花火が見られます。
旧やぎの花火大会

森の京都の鮮やかな花火

本来はもっと大堰橋と大堰川の水鏡を強調したかったのですが、実際は難しかったです。
大堰橋と大堰川と花火

打上げ花火と大堰橋

花火はまだまだ撮り始めたばかりなので、もっと上手くなっていきたいです。
Fireworks festival in Nantan City, Kyoto, Japan

素晴らしい花火大会に感謝です。
素晴らしい南丹市花火大会


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です