南丹市花火大会 夏の大堰川を彩る多彩な花火

南丹市花火大会 夏の大堰川を彩る多彩な花火

京都府南丹市八木町で開催される第72回南丹市花火大会の様子です。

以前は「やぎの花火大会」という名称でしたが、
2006年の市町村合併などにより「南丹市花火大会」に名称が変わっています。

大堰川(桂川)沿いの大堰橋南側(南東側)の河川敷、大堰川緑地公園付近から花火が打ち上げられます。
打ち上げ数は約5000発です。花火大会としては中規模ですが地域密着の美しい花火が見られます。

多彩な鮮やかな花火、川の対岸から上がる迫力の花火、
夜空をそめる豪快な花火、川面に映る美しい花火の水鏡などが楽しめます。

また同時にとうろう流しなども行われます。

2018年8月14日訪問、撮影です。

広告



花火前の大堰川の夕焼けです。大堰橋も夕暮れに佇んでいます。
花火前の大堰川の夕焼けと佇む大堰橋

19:30になり南丹市花火大会の開始です。花火がドンドン打ちあがります。
19:30に開始され花火がドンドン打ち上がる南丹市花火大会

南丹市花火大会では約5,000発の花火が打ち上げられます。
いつも言いますが打ち上げ数で花火大会の良し悪しが決まるものではありません。一応の目安です。
約5,000発の花火が打ち上げられる南丹市花火大会

多種多様な花火が南丹市八木町の夜空を彩ります。
南丹市八木町の夜空を彩る多種多様な花火

煌びやかな噴水のような花火です。南丹市花火大会は噴水花火が特徴の一つかも知れません。
南丹市花火大会の煌びやかな噴水のような花火

煌く閃光が大堰川に枝垂れて行きます。
煌く閃光が大堰川へ枝垂れれて行く南丹市の花火

夏の夜空を染める多彩な花火です。
南丹市の夏の夜空を染める多彩な花火

場所は向かってもう少し右の方が良かったです。
せっかく早く来たのに場所取りで少しミスりました・・・。
次回機会があれば打ち上げ場の正面で見てみたいです。
打ち上げ場の正面で見てみたい南丹市花火大会

それはそれとして、見事な花火がドンドン打ち上げられます。
圧巻の煌く噴水と弾ける大輪の花火です。
南丹市花火大会の圧巻の煌く噴水と弾ける大輪の花火

鮮やかでカラフルな大きな花火です。
鮮やかでカラフルな南丹市の大きな花火

南丹市花火大会は以前は「やぎの花火大会」という名称でした。
市町村合併などにより名称も変更になったようです。
以前は「やぎの花火大会」であった南丹市花火大会

大きな金色の花火が大堰川に枝垂れて行きます。
大堰川に枝垂れて行く南丹市の大きな金色の花火

夏の夜空を賑やかに染める花火です。
南丹市の夏の夜空を賑やかに染める花火

金色の花火の枝が夜空を照らしながら落ちて行きます。
夜空を照らしながら落ちて行く南丹市金色の花火の枝

花火大会と平行して灯篭流しも行われます。ただし灯篭はブレブレです・・・。
灯篭流しも平行して行われる南丹市花火大会

色とりどりの花火が弾けます。
南丹市花火大会の弾ける色とりどりの花火

真っ暗になった空を華やぐ大輪です。
南丹市の真っ暗になった空を華やぐ大輪

いろんな種類の花火がドンドン打ち上げられます。
いろんな種類の花火がドンドン打ち上げられる南丹市花火大会

夜空を彩る鮮やかな大輪の花火です。
高画質 写真 南丹市花火大会

輝く噴水とカラフルな花火です。
南丹市花火大会の輝く噴水とカラフルな花火

夏の大堰川を賑やかに彩ります。
夏の大堰川を賑やかに彩る八木の花火

開くにつれて色の変わる見事な大輪の花火です。
開くにつれて色の変わる見事な大輪の花火

だんだんフィナーレに近づいてきます。
だんだんフィナーレに近づいてくる南丹市花火大会

ナイアガラと夜空を彩る花火です。
空の花火がもっとしっかり撮れていれば良かったのですが失敗です・・・。
ナイアガラと夜空を彩る花火

ナイアガラはかなり長い時間輝いています。見事な煌きです。
かなり長い時間輝く南丹市花火大会のナイアガラ

南丹市花火大会の素晴らしい多彩な花火に感謝です。
南丹市花火大会の素晴らしい多彩な花火

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です