十六羅漢石庭の彼岸花 妙蓮寺の上品な彩り


十六羅漢石庭の彼岸花 妙蓮寺の上品な彩り

京都市上京区寺之内通大宮東入る妙蓮寺前町にある妙蓮寺(みょうれんじ)の石庭の彼岸花です。

妙蓮寺の石庭は「十六羅漢石庭」と呼ばれます。
白砂に苔と岩を配し、背景には真っ直ぐな杉と丸いサツキの刈り込みがあります。
上品で鮮やかな彩りの庭園であり、かつ風情ある庭園でもあります。

庭園の北側と西側には彼岸花が植えられており、お彼岸の頃には赤や白の花を咲かせます。
白砂やサツキの緑に映える彼岸花、美しい彩りの庭園を楽しめます。

なお、境内(本堂前、山門前、塔頭寺院前など)の彼岸花は記事を分けました。

妙蓮寺の彼岸花は、境内の場所によって結構咲く時期が異なるようです。
そのため、見ごろ時期にあわせて何度か行きました。

2017年9月17日、9月21日および9月24日訪問、撮影です。

広告



2017年9月17日分です。

この日は石庭では赤い彼岸花はまだチラホラ咲きでした。
しかし、数は少ないですが、庭園の隅で白い彼岸花が見事に咲いていました。
妙蓮寺の白い彼岸花

上品で華やかな彼岸花です。
真っ白ではなく、少し黄色が入っていようようにも見えます。
上品で華やかな白い彼岸花

独特の形の芸術的な彼岸花です。
A cluster amaryllis that blooms in the rocky garden at Myoren-ji Temple in Kyoto

9月21日分です。

芙蓉の花と鐘楼です。芙蓉の花はまだまだ見ごろです。
妙蓮寺の鐘楼と芙蓉の花

十六羅漢石庭に赤い彼岸花がだいぶ咲いています。
妙蓮寺の十六羅漢石庭の赤い彼岸花

サツキの刈り込みの後ろから彼岸花が顔を出しています。
緑のサツキと赤い彼岸花

緑のサツキに彼岸花の赤が映えます。
緑に映える赤い彼岸花

石庭全体ではまだ見ごろ前ですが、場所によっては見ごろをむかえています。
A cluster amaryllis in full bloom of the stone garden in Myorenji-Temple in Kyoto,Japan

上品で鮮やかな雰囲気が漂います。
鮮やかで上品な十六羅漢石庭

9月24日分です。

表書院から眺めた十六羅漢石庭です。
表書院から眺めた十六羅漢石庭と彼岸花

緑や岩の配された白砂の美しい庭園です。
緑や岩の美しい白砂の十六羅漢石庭

石庭の彼岸花も満開、見ごろをむかえています。
妙蓮寺の境内の中で、この石庭が一番最後に見ごろをむかえます。
十六羅漢石庭の満開の彼岸花

サツキの緑と彼岸花の赤のコントラストが綺麗です。
サツキの緑と彼岸花の赤のコントラスト

十六羅漢石庭の北側の彼岸花も咲いています。
石庭を囲むように西側と北側に彼岸花が咲きます。
十六羅漢石庭の北側の彼岸花

十六羅漢石庭は隠れた名庭です。
妙連寺自体が穴場のお寺であり、その妙蓮寺にあるこの十六羅漢石庭も当然穴場の庭園です。
妙蓮寺の隠れた名庭である十六羅漢石庭

綺麗に手入れされています。
この前来た時は、たまたま猫ちゃんが荒らした後でしたが、今回は見事な姿をしています。
綺麗に手入れされている妙蓮寺の石庭

奥書院から眺めた十六羅漢石庭です。風情たっぷりです。
奥書院から眺めた十六羅漢石庭と彼岸花

窓際からの眺めです。
場所、角度が変わればかなり雰囲気も変わり、様々な見方ができます。
様々な見方のできる十六羅漢石庭

上品で美しい庭園です。
彼岸花の鮮やかな彩りが良いアクセントになっています。
上品で美しい妙蓮寺の十六羅漢石庭

背景の真っ直ぐに伸びた杉の木もお見事です。
十六羅漢石庭の真っ直ぐに伸びた杉の木

中央の大きな青石は「臥牛石」と言うそうです。
豊臣秀吉が伏見城から移したとされる名石らしいです。
臥牛石と呼ばれる秀吉が伏見城から移した名石と彼岸花

岩とサツキの後ろで彼岸花が咲き誇っています。
十六羅漢石庭 彼岸花 妙蓮寺 高画質 写真

紅白の彼岸花です。鮮やかな赤色と華やかな白色です。
十六羅漢石庭の紅白の彼岸花

白色と言っても、白の彼岸花は真っ白ではなく、少し黄色がかっているようです。
妙蓮寺の石庭の華やかな白い彼岸花

日が当たると彼岸花が光ります。奥の影の彼岸花とは対照的です。
日が当たり煌びやかに光る彼岸花

光の具合で彼岸花が浮かび上がるように見えます。
浮かび上がる石庭の彼岸花

白砂は宇宙を表しているそうです。
宇宙に浮かぶ中央の大きな青石は永遠の仏陀(久遠の本仏)を表し、他の石は菩薩を表しているそうです。
高画質 写真 彼岸花 十六羅漢石庭 妙蓮寺

素晴らしい十六羅漢石庭の彼岸花と情景に感謝、感謝です。
十六羅漢石庭の素晴らしい彼岸花


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です