妙蓮寺 彼岸花 隠れた名所の鮮やかな彩り


妙蓮寺 彼岸花 隠れた名所の鮮やかな彩り

京都市上京区寺之内通大宮東入る妙蓮寺前町にある妙蓮寺(みょうれんじ)の彼岸花です。

妙蓮寺は隠れた彼岸花の名所、彼岸花の穴場です。
妙蓮寺自体が穴場的なお寺ですが、彼岸花の名所であることはなおさら知られていないと思います。

山門前の参道脇、鐘楼付近、境内東の塔頭寺院の前、寺務所前、
そして本堂前の参道に彼岸花が多く咲きます。
鮮やかで風情ある彩りや赤く彩られた参道などが楽しめます。
また、時期によっては芙蓉の花とのコラボも見られます。

なお、十六羅漢石庭にも彼岸花が咲きますが、記事を分けました。
境内全体や庭園が同時期に見ごろになるのではなく、順番に見ごろをむかえます。
そのため、妙蓮寺さんへは彼岸花を見に何度か足を運びました。

2017年9月17日および9月21日訪問、撮影です。

広告



2017年9月17日分です。

芙蓉の花もまだまだ見ごろです。
妙蓮寺の華やかな芙蓉の花

本堂前、鐘楼横の参道です。
赤い彼岸花が満開です。
妙蓮寺の彼岸花(ひがんばな)

奥に見えているのは鐘楼横の芙蓉の花です。
芙蓉の花は丸くなって散ります。蕾のようにも見えますが咲き終えた花です。
妙蓮寺の彼岸花と芙蓉の花

華やかな芙蓉の花とは雰囲気が違う鮮やかな彼岸花です。
鮮やかな彼岸花

彼岸花は「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」という別名もあります。
妙蓮寺の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

独特の形をした花です。芸術的でもあります。
独特の形をした彼岸花

真っ赤です。情熱的でもあり、妖艶でもあります。
妙蓮寺の真っ赤な彼岸花

散った芙蓉の花と燃えるような赤い彼岸花です。
散った芙蓉の花と燃えるような彼岸花

彼岸花がびっしりと咲きそろっています。
びっしりと咲きそろった美しい彼岸花

彼岸花の球根には毒があることで知られています。「毒」の似合う花です。
球根に毒のある綺麗な彼岸花

満開です。見事に咲き誇っています。
Brilliant cluster amaryllis of Myoren-ji Temple in Kyoto,Japan

丸くなって散った芙蓉の花と彼岸花のコラボです。
丸くなって散る芙蓉の花と彼岸花

芙蓉の木全体と下に咲く彼岸花です。
緑、白、ピンクと赤の素晴らしい色合いです。
A cluster amaryllis and Fuyo flowers in Myorenji-Temple in Kyoto

横(鐘楼の反対側)から眺めた彼岸花です。
妙蓮寺 彼岸花 高画質 写真

彼岸花は遠目から見るのと近くで見るのとではかなり雰囲気が違います。
いろんな魅せ方をする彼岸花

数は少ないですが白い彼岸花も咲いています。
妙蓮寺の白い彼岸花

上から見た彼岸花です。やはりユニークな花です。
上から見た彼岸花

妙蓮寺は彼岸花の穴場、彼岸花の隠れた名所です。
妙蓮寺自体普段から人が少なく、彼岸花がこんなに咲くことはあまり知られていないでしょう。
彼岸花の隠れた名所の妙蓮寺

紅白の彼岸花です。
華やかな白い彼岸花と鮮やかな赤い彼岸花の絶妙の色合いです。
妙蓮寺の紅白の彼岸花

再度、遠目から芙蓉の花と彼岸花のコラボです。
妙蓮寺の彼岸花は場所ごとに順番に咲いていきます。
年によって違いはあるでしょうが、この本堂前の彼岸花がおそらく一番早くに見ごろをむかえます。
妙蓮寺の芙蓉の花と彼岸花

続いて9月21日分です。

山門前の彼岸花です。
妙蓮寺の山門前の彼岸花

自然の造りだす美しい芸術作品です。
妙蓮寺の美しい芸術的な彼岸花

寺務所の向かいあたりに咲く彼岸花です。
高画質 彼岸花 写真 妙蓮寺

彼岸花は謎めいた花です。
謎めいた花である彼岸花

風情ある彼岸花です。
境内のおおよそ北東側にある塔頭寺院の前です。
妙蓮寺の風情ある彼岸花

真っ赤に咲き誇っています。最高の状態の花です。
真っ赤に咲き誇る彼岸花

妙蓮寺の素晴らしい彼岸花や芙蓉の花に感謝、感謝です。
でも彼岸花はこれだけではなく、まだまだ石庭にも咲きます。
妙蓮寺の素晴らしい彼岸花


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です