静かな枯山水 妙蓮寺の風情ある庭園


静かな枯山水 妙蓮寺の風情ある庭園

京都市上京区寺之内通大宮東入る妙蓮寺前町にある妙蓮寺(みょうれんじ)の庭園です。

妙蓮寺には十六羅漢石庭(じゅうろくらかんせきてい)をはじめとする素晴らしい庭園がいくつかあります。
しかし、京都の他の観光名所ほど知名度は高くなく、空いていることが多いです。
そのため、ゆっくり静かにお庭や境内を拝観することができます。

また、今回拝観した際は、書院には私一人しかおらず貸切状態でした。
そのため、お寺の方が丁寧にお庭や襖絵の説明をしてくれました。
(写真は撮れませんが)襖絵は四季ごとに順番に説明いただき、いろんな話をして下さいました。
また、お庭も様々な見方を教えていただきました。
季節ごとにいろんな彩りも楽しめるようなので、是非また拝観したいと思います。

本来は十六羅漢石庭をトップ画像(写真)にしようと思っていましたが、
ちょうどサツキが終わって剪定されたばかりでした。
そのため、今回は敢えて中庭をトップ画像(写真)にしてみました。

2017年6月29日訪問、撮影です。

広告



境内図です。庭園は北の方(地図の左の方)にあります。
妙蓮寺の境内図

妙蓮寺の説明

中庭です。飛び石と緑が絶妙に配されています。
妙蓮寺の中庭

風情ある蹲(つくばい)です。落ち着く空間です。
妙蓮寺の風情あるつくばい

手水鉢と燈籠です。この中庭はモダンな雰囲気もあります。
妙連寺の中庭と手水鉢

緑も美しく良く手入れされています。
Kyoto Myorenji-Temple garden

「十六羅漢石庭(じゅうろくらかんせきてい)」です。
白砂に岩や苔が配されています。
妙蓮寺の十六羅漢石庭

表書院から眺めた十六羅漢石庭です。
妙蓮寺の表書院から眺めた十六羅漢石庭

奥書院から眺めた十六羅漢石庭です。
先ほどとは全く違う趣きです。真っ直ぐに伸びた緑の松も美しいです。
奥書院から眺めた十六羅漢石庭

白砂が絶品です。真っ白で美しいです。
白砂の美しい十六羅漢石庭

燈籠と手水鉢と石庭です。風情と上品さが感じられます。
十六羅漢石庭と蟷螂と手水鉢

サツキのタイミングだけは残念でしたが、非常に美しく、良く手入れされています。
十六羅漢石庭で知られる妙蓮寺(みょうれんじ)

額縁庭園として見ても素晴らしいです。
妙蓮寺の額縁庭園としての十六羅漢石庭

背景の壁や建物も白塗りであり、統一性と上品さがあります。砂の模様もお見事です。
A garden named Juroku-Rakan-sekitei in Myorenji-Temple in Kyoto,Japan

先ほどとは別の中庭です。坪庭と言った方が良いかも知れません。
妙蓮寺の坪庭

岩や石と緑が見事に融合されています。風情もたっぷりです。
妙蓮寺の風情ある中庭

いろんな種類の緑で溢れています。
緑溢れる妙蓮寺の中庭

回廊から眺めた庭園です。赤い絨毯も緑を引き立てます。
回廊から眺めた妙蓮寺の中庭

小さいですが、内容の凝縮された素晴らしい庭園です。何時間でも見ていられそうです。
緑と石の美しい妙蓮寺の中庭

風情ある素晴らしい庭園に感謝です。あと、お寺の方にも感謝です。
妙蓮寺の燈籠と飛び石の配された緑の綺麗な中庭


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です