舞鶴クレインブリッジ 海の京都の美しい二羽の鶴

舞鶴クレインブリッジ 海の京都の美しい二羽の鶴

京都府舞鶴市にある舞鶴湾(平湾)にかかる舞鶴クレインブリッジです。

二羽の鶴をイメージして造られた美しい白い斜張橋です。
主塔は鶴のくちばしを、ケーブルは羽をイメージしているそうです。

全長は735m、水面から一番上までの高さは約95mあります。
青空の日には白色が映えます。

2016年8月7日訪問、撮影です。

広告



舞鶴クレインブリッジへは「引揚記念館前」バス停が最寄です。
ただし、「引揚記念館前」バス停からも10分ほど歩かないといけません。しかも間にトンネルを通ります。
舞鶴クレインブリッジ行きのバスというのはありません。

「引揚記念館前」へは毎日運行の路線バスか、土日祝のみ運行の東ループバスで行けます。

毎日運行の路線バスは「三浜線路」、「田井・野原線」があります。
いずれも東舞鶴駅(「東舞鶴駅前」バス停)から出ています。
しかし本数が非常に少なく1日にそれぞれ3本、4本ほどです。

土日祝運行の「東ループ」バスは1時間に1本ほど出ています。

平日に車以外で舞鶴クレインブリッジへ行く際は、前もってバスの時間などを確認してから行きましょう。
土日祝は東ループバスがあるので比較的時間を気にせず行けます。

ちなみに東舞鶴駅(「東舞鶴駅前」バス停)と西舞鶴駅(「西舞鶴駅前」バス停)の移動は
毎日運行の「東西循環線」があり、これはそこそこ本数があります。

舞鶴クレインブリッジへ行ったのは日曜日だったので東ループバスに乗る方法もありました。
しかし、海の景色を見たかったので行きは歩いて行きました。帰りは東ループバスに乗りました。
歩く速さにもよりますが歩くとおおよそ1時間15分位だと思います。

東舞鶴駅から北へ進むと舞鶴湾が見えてきます。穏やかな海、湾です。
東舞鶴駅から北へ進むと見える穏やかな舞鶴湾

遠くにクレインブリッジも見えています。
遠くに見える舞鶴クレインブリッジ

しばらく歩いて行くと海上自衛隊があります。そこを越えると海岸線を歩けます。
Maizuru Bay in Kyoto,Japan

向こうには五老岳(ごろうがたけ)と五老スカイタワーが見えています。
舞鶴湾の船と五老岳(ごろうがたけ)と五老スカイタワー

フェリーや貨物船も行き来しています。
舞鶴湾を行き来するフェリーや貨物船

自衛隊の艦船です。奥には赤レンガも見えています。
舞鶴湾の自衛隊の艦船と奥に見える赤レンガ

歩き続けるとさらに穏やかな海が広がります。
歩き続けると広がるさらに穏やかな舞鶴湾と青空

クレインブリッジもだんだん近くなってきました。
舞鶴湾の穏やかな海と舞鶴クレインブリッジ

しかし、海岸線を歩けるのはこの辺りまでです。途中から陸の道に変わります。
Maizuru Crane bridge in Maizuru Bay Kyoto,Japan

どんどん歩いて行くと、クレインブリッジが大きく見えてきます。山の隙間から突如現われます。
山の隙間から突如現れる舞鶴クレインブリッジ

赤い船舶か何かもあります。向こうには五老岳と五老スカイタワーが見えています。
舞鶴湾の赤い船舶のようなものと五老岳と五老スカイタワー

ようやく到着です。見事な景色が広がります。
ようやく到着した見事な景色が広がる舞鶴クレインブリッジ

クレインブリッジ上からの眺めです。
向かって右側(北側)の海、湾です。
Maizuru Crane bridge in Kyoto,Japan

素晴らしい海と村の景色です。
舞鶴クレインブリッジの北側の素晴らしい海と村の景色

何かの養殖をしているのでしょう。小さなブイのようなものがたくさんあります。
舞鶴クレインブリッジの北側の養殖のブイ

海に面した田園風景です。
舞鶴クレインブリッジから眺めた舞鶴湾に面した田園風景

長閑な舞鶴湾と山々が広がっています。
クレインブリッジから眺めた長閑な舞鶴湾と山々

向かって左側(南側)の海、湾です。
高画質 舞鶴クレインブリッジ 舞鶴湾 写真

穏やかな海辺の景色です。
舞鶴クレインブリッジから眺めた南側の穏やかな海辺の景色

何なのか分りませんが、この赤い船舶か何かが結構お気に入りです。
お気に入りの舞鶴湾の赤い船舶のようなもの

見事な海、湾が広がります。
舞鶴湾に広がる穏やかな海と湾

主塔は鶴のくちばしを、ケーブルは鶴の羽をイメージしているそうです。
主塔は鶴のくちばしをイメージしケーブルは鶴の羽をイメージした舞鶴クレインブリッジ

太陽とくちばしです。
舞鶴クレインブリッジのくちばしをイメージした主塔と太陽

真下から見上げた白い舞鶴クレインブリッジと青空です。
真下から見上げた白い舞鶴クレインブリッジと青空

下に降りてクレインブリッジを眺めました。
橋の東端付近に下(南側)へ降りて行ける坂道があります。
そこを進むと防波堤につながる細い道があり橋の下へ行けます。

ここからの眺めも綺麗です。
高画質 舞鶴クレインブリッジ 写真

青空に白色が映えます。
青空に映える白色の舞鶴クレインブリッジ

交通量は少ないです。交通量の割りにこの橋には結構なお金がかかっていると思います。
言いようによっては勿体無い橋かも知れません。
しかし、自分にはあんまり関係ありません。大人の事情があるのでしょう。

そんなことより綺麗な景色に感謝です。
青空の下の鶴をイメージした白い舞鶴クレインブリッジ

せっかくの青空なので空をいっぱい入れてみました。
青空に映える白い舞鶴クレインブリッジ

お気に入りの可愛い赤い何かも結構近くで見られました。
舞鶴湾の可愛い赤い船舶か何か

舞鶴クレインブリッジは心霊スポットだと書いている人(あるいは媒体)を見かけたことがあります。
心霊スポットといわれる舞鶴クレインブリッジ

しかし、全くそんな雰囲気や感覚はありません。安心して楽しめる場所、景色です。
ただし、交通量は少ないとは言え、もちろん車には注意しましょう。
舞鶴クレインブリッジ 青空 高画質 写真

とても暑い日でしたが青空にも恵まれ素晴らしい景色が見られました。
二羽の鶴をイメージした見事な美しい橋です。
二羽の鶴をイメージした見事な美しい舞鶴クレインブリッジ

舞鶴クレインブリッジと舞鶴湾の素晴らしい情景に感謝です。
舞鶴クレインブリッジと舞鶴湾の素晴らしい情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です