京都駅ビル 夕焼け ガラスが映す幻想的な夕暮の空

京都駅ビル 夕焼け ガラスが映す幻想的な夕暮れの空

京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町にある京都駅ビルの夕焼けです。

京都の玄関である京都駅ビルとある意味京都のシンボルである京都タワーの夕暮れ時の様子です。
京都駅ビルはガラス張りの駅舎、建物です。
そのため夕焼けの時には空のみならず、ガラスに映し出される夕焼け空も見られます。
駅ビルに反射する鮮やかな夕暮れの空、オレンジにそまるガラスの建物、
映し出される黄昏時の幻想的な空と雲などが楽しめます。
また京都駅隣のホテルグランヴィア京都でも夕焼け空を映す美しいガラス窓が見られます。

2018年8月2日訪問、撮影です。


京都駅ビルの説明・見所・アクセスなど


広告



雲が多かったですが西の空から薄っすらとオレンジ色に焼け始めます。
薄っすらとオレンジ色に焼け始める京都駅ビルの西の空

向かって右側(西側)は鮮やかなオレンジ色に焼けています。
鮮やかなオレンジ色に焼ける駅ビルに向かって右側(西側)

晴れすぎているよりも大気が不安定な方が夕焼が出るように思います。
晴れすぎているよりも大気が不安定な方が出る夕焼け

ガラスが夕焼け空とともに雲も映し出しています。
夕焼け空とともに雲も映し出す京都駅ビルのガラス

京都駅ビル向かいに建つローム(ROHM)のビルも鮮やかな夕焼けを映し出しています。
鮮やかな夕焼けを映し出す京都駅ビル向かいに建つローム(ROHM)のビル

燃えるような色合いの夕焼け空と反射するガラスです。
燃えるような色合いの夕焼け空と反射するロームのガラス

西の方の京都中央郵便局の空が見事に焼けています。
見事に焼ける西の方の京都中央郵便局の空

駅舎中央のガラス張りも夕暮れの空を映し出します。
夕暮れの空を映し出す京都駅中央のガラス張り

京都駅ビルの中央部分は吹き抜けになっており、
内外合わせて4000枚ほどのガラスが使われているそうです。
4000枚程のガラスが使用されている京都駅ビルの中央部分

時の経過とともに空もどんどん変化していきます。
高画質 写真 京都駅ビル 夕焼け

オレンジ色のみならず雲も含めて紫色っぽい感じのところもあります。
オレンジ色のみならず雲も含めて紫色っぽいところもある駅ビルの夕焼

幻想的な雰囲気につつまれる京都駅ビルと夏の夕暮れ時の空です。
幻想的な雰囲気につつまれる京都駅ビルと夏の夕暮れ時の空

西の方は相変わらず見事な焼け具合です。
西の方は見事な焼け具合の駅ビルの夕暮れ

厚い雲と夕焼空が相まって何かが起こりそうな雰囲気さえします。
厚い雲と相まって何かが起こりそうな雰囲気さえする京都駅ビルの夕焼空

向かって左側(東側)にあるホテルグランヴィア京都の夕暮れ時です。
ここを「駅ビル」と呼んで良いのか分かりませんが建物的には一体になっています。
ホテルグランヴィア京都の夕焼け

淡い空を映し出す窓ガラスに京都タワーも映っています。
京都タワーも映る淡い空を映し出すホテルグランヴィア京都の窓ガラス

お家に帰る時間でタクシーもいっぱいです。
お家に帰る時間でタクシーもいっぱいの夕暮れの京都駅ビル

駅ビル正面のガラスに艶やかな色合いの雲と空が映っています。
艶やかな色合いの雲と空が映る駅ビル正面のガラス

直ぐに消えてしまう幻想的な空間が出来ています。
夕焼け 京都駅ビル 高画質 写真

黄昏時の美しくも不思議な雰囲気のする京都駅ビルです。
黄昏時の美しくも不思議な雰囲気のする京都駅ビル

京都タワーと色づく雲と空です。
京都タワーと夕焼けに色づく雲と空

駅ビルに映る夕暮れの京都タワーです。
駅ビルに映る夕暮れの京都タワー

幻想的な空の下に立つ黄昏時の京都タワーです。
幻想的な空の下に立つ黄昏時の京都タワー

だいぶ日が沈み空が紺色になってきます。
ただガラスにはまだまだ夕焼け空が映っています。
日が沈み空は紺色になるもまだまだ夕焼けを映す京都駅ビル

ホテルグランヴィア京都の窓ガラスもほのかなオレンジ色に色づいています。
と思ったらこれは部屋の明りが灯り出したようです。
ほのかなオレンジ色に色づくホテルグランヴィア京都の窓ガラス

西の方はまだまだ鮮やかに夕焼けを映し出しています。ただ、だいぶ暗くなってきました。
まだまだ鮮やかに夕焼けを映し出す駅ビルの西の方

夜の帳が下り始めます。京都駅ビルの素晴らしい夕焼けと情景に感謝です。
夜の帳が下り始める京都駅ビルと素晴らしい情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です