経ヶ岬 白い灯台と近畿最北端の京丹後の海


経ヶ岬 白い灯台と近畿最北端の京丹後の海

京都府京丹後市丹後町袖志(そでし)にある経ヶ岬(きょうがみさき)です。

経ヶ岬は、丹後半島の先端にあり、京都最北端・近畿最北端に位置します。
岬自体は波の浸食作用によって断崖絶壁になっていますが、
すぐ近くに経ヶ岬展望所があり、岬や日本海を見渡すことができます。

また、経ヶ岬には経ヶ岬灯台があります。
海抜140mに建つ白色の灯台であり、全国で6台しかない第一等レンズというのを使用しているそうです。
京丹後の美しい海と一緒に白い灯台を眺めることができます。

経ヶ岬へは「丹後海陸交通バス」(通称「丹海バス」)の
「伊根線、蒲入線、経ヶ岬線」、「海岸線」、「丹後峰山線」の「経ヶ岬」バス停が最寄です。
もしかしたら他の路線もあるかも知れません。
本数が少ないですし、最終便も夕方までなので事前に確認をしましょう。

「経ヶ岬」バス停から『経ヶ岬展望所』までは少し歩きます。
こんなところで降ろされるの、と思ってしまうところで降ろされます。
でも普通に歩けば15分位で『経ヶ岬展望所』につきます。

『経ヶ岬展望所』も素晴らしい景色が見られますが、『経ヶ岬灯台』まではまた歩かないといけません。
距離は0.4km(400m)と書かれていますが、想像以上にハードです。
普通の400mとは思わない方がいいです。急勾配で足場もあまり良くありません。
普段から山登りなどされていれば別ですが、結構きついです。
イメージする400mとは違うので歩きやすい靴で行きましょう。

丹海バスには、通常の路線バスの他に、春(初夏)から秋まで期間限定かつ土日祝のみ運行の
「ぐるっと丹後周遊バス」(通称「ぐるたんバス」)というのがあります。
このぐるたんバスの場合は、「経ヶ岬展望所」バス停が最寄です。
このバスは「経ヶ岬展望所」まで運行するため歩かなくて良いです。
通常運行の「経ケ岬」バス停から『経ケ岬展望所』までは少し歩きますが、
このバスは『経ヶ岬展望所』まで連れて行ってくれます。
しかし、期間限定のバスですし本数は少ないので事前確認をしましょう。

2017年6月14日訪問、撮影です。

(※後日更新致します。
  写真が大量に溜まっているため、大きく遅れます。更新目処も不明です。
  更新する以上に新しい写真が入ってくるため、どんどん遅れていってます。

  ご了承下さいませ。申し訳ございません。

  更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  なお、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です